かば丸のーと

PCやネットワークの設定メモ そして、日々の出来事など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MS Office 2010 TP Rearm

Win7 RC #7100 上の Office2010 TP  rearm  可否検証


MS_Office2010_TPライセンス認証ウィザード期限A




● 以下のサービスを停止
e.g.  > sc stop osppsvc

MS_Office2010_ライセンス認証関連サービス



● 以下のファイルを Admin で実行

OSPPRUN.EXEのフルパス



● 新しく出てきたプロンプト内にて 0番で表される SkuID を確認
> ?  [Enter]  すれば、利用できるコマンド一覧が出力される

OSPPRUNコマンドにて最初の処理

Initialize や Open 時  "Error code hr = 0x80070005,"
Open 時  "Error code hr = 0x8007043C,"  と出ている場合は
Admin で ospprun していないと思われる



AppID の確認

AppIDの確認



● 現状確認

rearm 前のステイタス

RearmCount  0  は、今までの rearm 実行回数
RemainingRearmCount 5 は、残り 5rearm できる事を示している



rearm の実行
> Rearm  AppID  SkuID  Flag  [Enter]

MS_Office2010TP_rearmの実行

最初のエラーは、Flagの 1 を入力し忘れたもの
Rearm 時、 " You must re-install the OS before trying to re-arm again. "  等が出力されても気にする必要なないと思われる. OSの再インストも必要ナシ、Office2010 TPのrearm処理も出来ている.



● SL を閉じる

> Close

 My Digital Life の 記事 では
Close 後、 Initialize, Open し
GetLicensingStatus  AppID  SkuID  [Enter]  で、dwGraceTime 値 などを確認している.



● rearm 後の状況確認

rearm 後の状況

RemainigRearmCount  が以前の 5 から一つ減り 4 になっている.
来月には Public Beta 版 リリース予定だが、このままこの版を利用したいなら
4 x 30 = 120日 利用は可能である



● OSPPRUN 終了

> quit
Bye-Bye





rearm後のライセンス認証ウィザード画面



● 終了.

OSだけでなく、Officeにも rearm という評価期間延長の仕組みがあることを確認.


参考:
PCfan 2007.08.01 号 P43  /  毎日コミュニケーションズ


テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/10/28(水) 01:08:24|
  2. Windows

Windows 7 にて Administrator の 有効化

*** Windows10 Technical Preview版での話しはこちら ***


Win7 RC (#7100) にて
Administrators グループに所属しているのに
あるコマンド内の処理が通らなかったのでメモ


runasコマンドでError_1327_ログオン失敗


パスワードを あえて誤入力すると  1326: ログオン失敗~  と出る。


Adminのアカウントは有効ではない状態


Administrators に所属するユーザーにて
Administrator のアカウントを有効化できない
ので
セーフモードにて実行 --> 有効化 OK.
わざわざ、セーフモードに入らなくても
メニューの [コマンドプロンプト] 上で、右クリック => 管理者として実行(A).. --> 有効化 OK.
[ 20091109_1509 追記 ]


runasにてAdministratorでのコマンドプロンプト起動OK


完了.


# このプロンプト内で MS Office2010 TP の rearm 可否確認.


参考:
Windows DOS/コマンドプロンプト辞典  P196-197  /  飯島 弘文 著  /  翔泳社


続きを読む

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/10/26(月) 16:43:16|
  2. Windows

NTTセキュリティ対策ツールVer.17なのに50MBを超えるアップデート

22日から23日へ日が変わったところで、ハイブリッド スリープから復帰させた Vista sp1 (AX4)
何故か、LANのアクセスランプが止まらない

netstat で見ると
210.247.16.3:80 と
125.56.208.26:80 にコネクションを張っている

Vista デスクトップ右下で、いつもは "薬のカプセル" のアイコンがアップデート時のものに変わっているので、NTT西のセキュリティ対策ツール関連ファイルをD/Lしているのだろうと思っていたが、"薬のカプセル" アイコンに戻っても、まだLANアクセスランプが点滅している

nslookup で名前解決が出来ない... 気持ち悪いのでLANケーブルを引っこ抜いた

他の端末で whois すると..

inetnum:      210.247.0.0  -  210.247.127.255
netname:      FLETS-WEST
descr:        NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE WEST CORPORATION
country:      JP

inetnum:      125.56.128.0 - 125.56.255.255
netname:      AKAMAI
descr:        Akamai Technologies, Inc.
country:      US

NTT西とアカマイさんですか


TVで安田大サーカスの団長が大阪から東京まで自転車で走るという、おもろい番組をやっていたので、あまり構いたくなかったが、取り合えず Vista 再起動


再起動しても、コネクションを張っている

NTT西_セキュリティ対策ツールVer17へのアップデート時コネクション1
( アカマイのIPは 125.56.208.33 へ変わっている )

もう一度、 netstat したら、アカマイとのコネクションは切れて
210.247.16.3:80 だけになった

プロセスID: 328 は SfCtlCom.exe ( セキュリティ対策ツール統合管理コンポーネント )


何やら、大きなファイルをダウンロードしている

NTT西_セキュリティ対策ツールVer17に対して約54MBのアップデート



2日程前、NTT西日本から
■「セキュリティ対策ツールVer.15」のサポート終了のお知らせ■ という案内をもらったが
当方、Ver.17 を利用している

某掲示板 (注意: 不適切な画像が表示される場合があります) を覗いてみる...
同じように、50MB超えのD/Lが掛かっているようだが、微妙にサイズが異なる
しかし、Ver.15 ならわかるが、最新の Ver.17 に対してこのサイズのアップデート
何が変わるのだろうか..


もう少しで D/L 完了

NTT西_セキュリティ対策ツールVer17へのアップデートファイルダウンロード終了間近


55437 KB のアップデートファイル D/L 完了
しかし、再起動のアナウンス無し --> 手動で再起動


再起動後の NTT西 「セキュリティ対策ツール」のバージョン

50MB超えアップデート後のNTT西_セキュリティ対策ツールのバージョン



約54MBものアップデートファイルをダウンロードして
ウィルス定義ファイルが変わっただけとは...


Ver.15 から Ver.17 へ上げる際
NTT西日本 「セキュリティ対策ツールの再インストール手順」 の中で説明してある
"サポートツール" を用いて、Ver.15 を削除後、Ver.17 を導入したのだが、何か残骸でも残っていて
念のために54MBものファイルを適用したのだろうか...


連休明け、Office 2007 SP2 の自動更新が掛かる人もいるだろうし
混乱しなければ良いのだが

テーマ:セキュリティソフト - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/09/23(水) 06:00:56|
  2. セキュリティ

Debian lenny LXDE版の Flash Player バージョンアップに

バージョンアップに手間取った時のメモ


Celeron 400MHz / Memory 128M の元はWin95だったノートPC に debian-501-i386-xfce+lxde-CD-1.iso を使って Debian 導入
そのPC上の flashplugin-nonfree パッケージから導入された Adobe Flash Player 10.0.22.87 をバージョンアップする



現在のFlash Player バージョン



現状確認

$ dpkg --list | grep flash
ii  flashplugin-nonfree                  1:2.5~bpo50+1                      Adobe Flash Player - browser plugin
$

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install flashplugin-nonfree
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
flashplugin-nonfree はすでに最新バージョンです。<----- Ver 10.0.32.18 パケジはまだ無いようだ
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
$

$ dpkg -L flashplugin-nonfree
/.
/usr
/usr/share
/usr/share/bug
/usr/share/bug/flashplugin-nonfree
/usr/share/bug/flashplugin-nonfree/script
/usr/share/lintian
/usr/share/lintian/overrides
/usr/share/lintian/overrides/flashplugin-nonfree
/usr/share/man
/usr/share/man/man8
/usr/share/man/man8/update-flashplugin-nonfree.8.gz
/usr/share/doc
/usr/share/doc/flashplugin-nonfree
/usr/share/doc/flashplugin-nonfree/changelog.gz
/usr/share/doc/flashplugin-nonfree/copyright
/usr/lib
/usr/lib/mozilla
/usr/lib/mozilla/plugins  <--- ここに Flash Player のプラグインがある?
/usr/lib/flashplugin-nonfree
/usr/lib/flashplugin-nonfree/pubkey.asc
/usr/sbin
/usr/sbin/update-flashplugin-nonfree  <--- このファイルは?
/var
/var/cache
/var/cache/flashplugin-nonfree
$


プラグインのファイルを探してみると..

$ ls -l /usr/lib/mozilla/plugins/*flash*
lrwxrwxrwx 1 root root 34 2009-04-17 02:51 /usr/lib/mozilla/plugins/flash-mozilla.so -> /etc/alternatives/flash-mozilla.so
$ ls -l /etc/alternatives/flash-mozilla.so
lrwxrwxrwx 1 root root 46 2009-08-03 23:14 /etc/alternatives/flash-mozilla.so -> /usr/lib/flashplugin-nonfree/libflashplayer.so
$ ls -l /usr/lib/flashplugin-nonfree/libflashplayer.so
-rw-r--r-- 1 root root 10278616 2009-07-18 12:10 /usr/lib/flashplugin-nonfree/libflashplayer.so  (現在利用しているプラグイン実体ファイル)
$


一旦 flashplugin-nonfree パケジを削除して、gzipから入れようと思ったが
ちょっとこの update-flashplugin-nonfree が気になる

$ sudo /usr/sbin/update-flashplugin-nonfree
Usage:
  update-flashplugin-nonfree --install
  update-flashplugin-nonfree --uninstall
Additional options:
  --verbose
  --quiet
$


$ sudo /usr/sbin/update-flashplugin-nonfree --install
--2009-08-03 23:14:36--  http://fpdownload.macromedia.com/get/flashplayer/current/install_flash_player_10_linux.tar.gz
fpdownload.macromedia.com をDNSに問いあわせています... 118.214.2.70
fpdownload.macromedia.com|118.214.2.70|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 4044751 (3.9M) [application/x-gzip]
`./install_flash_player_10_linux.tar.gz' に保存中

     0K .......... .......... .......... .......... ..........  1%  719K 5s
       .
       .
  3900K .......... .......... .......... .......... ......... 100% 1.28M=2.8s

2009-08-03 23:14:39 (1.38 MB/s) - `./install_flash_player_10_linux.tar.gz' へ保存完了 [4044751/4044751]

$


どこにあるかと思ったら /var/cache/flashplugin-nonfree に落ちていた

$ ls -l /var/cache/flashplugin-nonfree/
-rw-r--r-- 1 root root 4044751 2009-07-25 09:07 install_flash_player_10_linux.tar.gz

$ cp /var/cache/flashplugin-nonfree/install_flash_player_10_linux.tar.gz /usr/local/src/
$ cd /usr/local/src/
$ ls *flash*
install_flash_player_10_linux.tar.gz
$ tar zxvf install_flash_player_10_linux.tar.gz
libflashplayer.so
$ ls -l *flash*
-rw-r--r-- 1 hoge staff  4044751 2009-08-04 00:44 install_flash_player_10_linux.tar.gz
-rwxr-xr-x 1 hoge staff 10278616 2009-07-18 12:10 libflashplayer.so  (最新Verであろう Adobe Flash Player プラグイン実体ファイル)
$


解凍後出てきたプラグインを現在利用しているものと差し替える --> OK.

最新の Adobe Flash Player 10.0.32.18 に変わっていた。

しかしこんなやり方で... パケジ削除時の依存関係はOK?

$ sudo apt-get -s remove flashplugin-nonfree
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています               
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージは「削除」されます:
  flashplugin-nonfree
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 1 個、保留: 0 個。
Remv flashplugin-nonfree [1:2.5~bpo50+1]
$

大丈夫のようだ
しかし、一旦パケジ削除して、Adobeのサイトにある gzipファイルから導入したほうが早かったような。。

いや、違う

$ man update-flashplugin-nonfree  を見ると、どうやらこのコマンドは Flash Player のバージョンアップに使えそうだ。


ちなみに、一旦パケジ ( flashplugin-nonfree ) を削除すると..

$ ls -l /usr/lib/mozilla/plugins
lrwxrwxrwx 1 root root 34 2009-04-17 02:51 flash-mozilla.so -> /etc/alternatives/flash-mozilla.so
$ ls -l /etc/alternatives/flash-mozilla.so
lrwxrwxrwx 1 root root 43 2009-08-04 01:51 /etc/alternatives/flash-mozilla.so -> /usr/lib/swfdec-mozilla/libswfdecmozilla.so
$ ls -l /usr/lib/swfdec-mozilla/libswfdecmozilla.so
-rw-r--r-- 1 root root 47628 2008-11-08 07:39 /usr/lib/swfdec-mozilla/libswfdecmozilla.so
$


このファイルで、一応 Iceweasel にてflashコンテンツを見ることができた。
Adobeのサイトでバージョンを確認すると 9.0.100.0 と表示


Debianからflashplugin-nonfreeパッケージ削除後の状態



うん?
Debian lenny をインストールして、まだ flashplugin-nonfree パケジ入れる前は
全く、Flash コンテンツは見れなかったような気がするのだが...

この Ver 9.0.100.0 とはどこから来た!?



この状態で、flashplugin-nonfree パケジを導入してみた。
何!?  まだ、/usr/sbin/update-flashplugin-nonfree --install して、ファイルの差し替えしていないのに、Flash のバージョンが最新の 10.0.32.18 になっている。
Iceweasel 上で about:plugins すると


Iceweasel 上にて about:plugins した時の Adobe Flash Player に関わる表示

ファイル名: libflashplayer.so
Shockwave Flash 10.0 r32

おかしい... 前回 update-flashplugin-nonfree --install する前は Flash 10.0. r22 と出ていたのに..



もう一度、flashplugin-nonfree パケジを削除
そして今度は、残っていた
/var/cache/flashplugin-nonfree/install_flash_player_10_linux.tar.gz も削除

$ sudo apt-get clean
$ sync
$ sudo sync
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade  ( 更新ファイルは 0 と出た )
$ sudo apt-get install flashplugin-nonfree
.
.
( 何か先ほどとは違う.. )

flashplugin-nonfree (1:2.5~bpo50+1) を設定しています ...
--2009-08-04 03:24:24--  http://fpdownload.macromedia.com/get/flashplayer/current/install_flash_player_10_linux.tar.gz
fpdownload.macromedia.com をDNSに問いあわせています... 60.254.178.70
fpdownload.macromedia.com|60.254.178.70|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 4044751 (3.9M) [application/x-gzip]
`./install_flash_player_10_linux.tar.gz' に保存中

     0K .......... .......... .......... .......... ..........  1%  543K 7s
     .
     .
  3900K .......... .......... .......... .......... ......... 100% 1.26M=2.8s

2009-08-04 03:24:27 (1.36 MB/s) - `./install_flash_player_10_linux.tar.gz' へ保存完了 [4044751/4044751]

$

先程の apt-get install とは異なる
/usr/sbin/update-flashplugin-nonfree --install した時のようなダウンロード処理の画面




もしかしたら
Adobe が Flash Player の修正版をリリースした後
一旦 apt-get remove
flashplugin-nonfree し、
そして apt-get install flashplugin-nonfree したら
最新の Flash Player がインストールされていたのでは?

また、
/usr/sbin/update-flashplugin-nonfree --install の後
別に libflashplayer.so ファイルを差し替えなくても、既に
" 差し替わっていた " のでは?



今となっては、それら検証もできない
次回、Flash Player のバージョンが上がった時に確認してみよう。




続きを読む

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/08/04(火) 05:47:23|
  2. Linux

FON の ホワイトリスト

以前から気になっていたのだが
FON_AP, FON_FREE_INTERNET 等の公開AP側に、FONに登録していない所謂 "通りすがりユーザー" であっても
GMail 送受信ができるというのを聞いていたのだが
どうも、FON内にある whitelist というものに、そういったモノが登録されている "らしい".

"らしい" と言うのも 当方 設置している FON2201 を sshアクセス化する為に色々やっていた為か
その、whitelist の中身が空なのである。


root@OpenWrt:~# find / -name "white*" -print
/etc/config/whitelist.dnsmasq
/jffs/etc/config/whitelist.dnsmasq
root@OpenWrt:~# ls -l /etc/config/whitelist.dnsmasq
-rw-rw-rw-    1 root     root            0 May 12 03:23 /etc/config/whitelist.dnsmasq
root@OpenWrt:~# ls -l /jffs/etc/config/whitelist.dnsmasq
-rw-rw-rw-    1 root     root            0 May 12 03:23 /jffs/etc/config/whitelist.dnsmasq
root@OpenWrt:~#


本当に GMail へアクセスできるのか、w-zero3 で確認しようとしたが、FON公開側APへ接続することが出来なかったので、未だ未確認。


無線についても、いつのまにかチャンネルが 1~11ch までしか選択できず
結局、countrycode をJapanに設定することにより 1~14ch 選択できるようになったのだが


root@OpenWrt:~# sysctl -a 2> /dev/null | grep country
dev.wifi0.countrycode = 392
dev.ath.countrycode = 392
root@OpenWrt:~#

※ Windows の codepage番号 "932" と混同せぬよう.
> chcp 437   (英語)
> chcp 932   (日本語)



ちょっと、いろいろ確認のため
"素"のFON2201が欲しくなってきた

テーマ:通信・回線・サーバー - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/08/03(月) 02:57:35|
  2. 無線LAN
前のページ 次のページ

最新記事

プロフィール

かば丸

Author:かば丸
機械設計からCAD/CAM/CAEのシステム管理に移り、何故かそっちが本業になり、現在、埃まみれの"スパゲッティ"を横目に、ネットワーク設定するニイチャン。
※本ブログに1~10まで丁寧に説明している記事はありません。 あれば、キーボードの隣にSUNTORYほにゃららがあったか、私の老化現象によるものでしょう。

カテゴリ内記事は昇順

未分類 (0)
Linux (7)
無線LAN (9)
Windows (9)
セキュリティ (3)
ネットワーク (1)
ハードウェア (1)

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。