かば丸のーと

PCやネットワークの設定メモ そして、日々の出来事など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

分割された rar ファイルを結合する

Kubuntu 14.04.1 32bit_USBブート環境にて手間取った時のメモ

● /etc/apt/sources.list 内
main restricted universe 指定と
main restricted universe multiverse では、apt-get install rar にて導入されるモノが違う.

※ usb-creator-gtkにて作成したUSBブートスティック. Lubuntuのリポジトリは、デフォで multiverse 指定があるが、Kubuntuには無かった.
ftp://cdimage.ubuntu.com/cdimage/lubuntu/releases/14.04.1/release/lubuntu-14.04.1-desktop-i386.iso
ftp://cdimage.ubuntu.com/cdimage/kubuntu/releases/14.04.1/release/kubuntu-14.04.1-desktop-i386.iso


● 分割ファイルを結合する時には、ファイル指定にワイルドカードを使うな.
e.g. foo.part01.rar foo.part02.rar foo.part03.rar
$ rar e ./*.part0?.rar -----> NG.
$ rar e ./foo.part01.rar --> 結合ok.


● Kubuntu にて、正常にファイル結合できた時の rar バージョン.
kubuntu@kubuntu:~$ rar -? | head -3

RAR 4.20 Copyright (c) 1993-2012 Alexander Roshal 9 Jun 2012
Trial version Type RAR -? for help
kubuntu@kubuntu:~$

---
次は、ココも見とけ.
http://www.rarlab.com/



テーマ:インターネット - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/09/17(水) 23:23:23|
  2. Linux

Silicon Power Marvel M01 16Gと8G

 MARVEL M01 の8Gと16G


お盆に購入したUSBメモリ
いつもはこのままパーティションcasper-rw を切り、気になるOSを入れては
無駄な時間を過ごしているのだが
購入前に見ていた 価格.comの 『おみくじメモリ』 という言葉にほだされ
買ってみたら...

不良セクタカウント: 573347
8GBと銘打っているこのメモリの内、約280MBが正常に使えないとは...

Silicon Power Marvel M01 8G FULLスキャン結果 



Silicon Power Marvel M01 8G 検査レポート 


購入した2本の Marvel M01 8Gメモリの内の一本の検査結果である.
検査は 株式会社スーホデータ復旧テクニカルセンター(DRTC) から提供されている
HDD-SCAN」にて行った.

4回 HDD-SCAN にて検査を行ったが
いずれも 15,155,172セクタから不良セクタが始まっている.

不良セクタカウント: 60478 と少なく表示されているのは、不良セクタに検査が入って暫くしてからスキャンを停止させている為. 不良セクタ領域に入るとCPU負荷も増加し、検査終了まで時間が掛かる. 不良セクタ開始ポイントを知りたかったので、検査終了前に停止させている.


今回3本の Marvel M01メモリを購入したが (8Gを2本と16Gを一本)
他の2本は HDD-SCAN にて不良セクタは検出されなかった.

Silicon Power Marvel M01 8G 1本目は問題ナシ 


Silicon Power Marvel M01 16G は問題ナシ 


---
良くUSBメモリのベンチマークで利用される hiyohiyoさんの 「CrystalDiskMark」 にて
不良セクタが573,347個検出された8Gメモリと、検出されなかった8Gメモリに大きな違いは出なかった.
CrystalDiskMarkにいちゃもんつける気は全く無い.
ただ結構今まで、殆どスピードだけでUSBメモリを見ていたなと.

今あるUSBメモリの健康状態を見てみよう.



※ 購入したUSBメモリの型番
Silicon Power Marvel M01  8G:  SP008GBUF3M01V1B
Silicon Power Marvel M01  16G:SP016GBUF3M01V1B

参考:
IT Pro 「HDD-SCAN」 の紹介
価格.com/パソコン/USBメモリー
Silicon Power Marvel M01 の製品紹介
某掲示板/PC等/ハードウェア/USBメモリ **本目 現行の57本目



テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/08/28(木) 23:23:23|
  2. ハードウェア

点滅する ThinkPadのWi-Fi LEDを止めたい

BLINKING Wi-Fi LED 


ThinkPad X32  に導入した  kubuntu 14.04
Wi-Fiを使っていないのに、点滅するLEDを止めたい.

** 要約 & 注意点 START **
検証に使ったモデルは ThikPad X32 2672-36I
Intel Pro/Wireless 2915ABG 仕様の端末である.
 
askubuntu というサイト内の情報を参考にし
Kubuntu14.04に /etc/modprobe.d/iwled.conf ファイルを作成
options  MODULE_NAME  led_mode=1   と案内された部分を
options       ipw2200            led=0     と設定して再起動すると
ThinkPad本体のWi-Fi LED点滅を止めることが出来たという内容である.
Lubuntu14.04でも同様の方法で点滅を止めることができたので
恐らく、Ubuntu14.04でも可能と思われる.
 
未検証だが
同じく、/etc/modprobe.d/iwled.conf ファイルに
Intel Centrino Wireless-N series 1xx, 1xxx, 2xx, 2xxx, 5xxx, 6xxx の場合.
  options iwlwifi led_mode=1
 
Intel Wireless series 3945(tested),4965 の場合.
  options iwlegacy led_mode=1
 
といった情報もaskubuntuサイトに挙がっている.
** 要約 & 注意点 END **



Wi-Fiインターフェースの確認

kubuntu@kubuntu:~$ iwconfig
irda0      no wireless extensions.

lo          no wireless extensions.

eth2      no wireless extensions.

eth3      IEEE 802.11abg  ESSID:off/any
            Mode:Managed  Channel:0  Access Point: Not-Associated
            Bit Rate:0 kb/s   Tx-Power=20 dBm   Sensitivity=8/0
            Retry limit:7   RTS thr:off   Fragment thr:off
            Power Management:off
            Link Quality:0  Signal level:0  Noise level:0
            Rx invalid nwid:0  Rx invalid crypt:0  Rx invalid frag:0
            Tx excessive retries:0  Invalid misc:0   Missed beacon:0

kubuntu@kubuntu:~$


現在のネットワーク状況を ifconfigで確認すると
有線接続のeth2無線(Wi-Fi)のeth3、そしてループバックlo3つが出力された.
 
ifdown でWi-Fiのインターフェース eth3をダウンさせる-->NG.
kubuntu@kubuntu:~$ sudo ifdown eth3
ifdown: interface eth3 not configured
kubuntu@kubuntu:~$
 
ifconfig
でWi-Fiのインターフェース eth3をダウンさせる-->ok.
kubuntu@kubuntu:~$ sudo ifconfig eth3 down


現在のネットワーク状況を ifconfigで確認すると
有線接続のeth2、ループバックlo2つが出力. Wi-Fiのeth3はダウン出来たがLEDの点滅は止まらない..
.
.
.
● askubuntuというサイトに、当方と同じ現象の投稿アリ
How to stop constantly blinking Wifi LED?
 
kubuntu@kubuntu:~$ lspci | grep -i wire
02:00.2 FireWire (IEEE 1394): Ricoh Co Ltd R5C552 IEEE 1394 Controller (rev 02)
02:02.0 Network controller: Intel Corporation PRO/Wireless 2915ABG [Calexico2] Network Connection (rev 05)
kubuntu@kubuntu:~$
kubuntu@kubuntu:~$ lsmod | grep -i ipw
ipw2200              136401  0
libipw                    33144  1 ipw2200
lib80211                14040  2 libipw,ipw2200
cfg80211             409394  2 libipw,ipw2200
kubuntu@kubuntu:~$
kubuntu@kubuntu:~$ ls -l /etc/modprobe.d/iwled.conf
ls: cannot access /etc/modprobe.d/iwled.conf: No such file or directory  <--- iwled.conf  は存在しなかった.
kubuntu@kubuntu:~$ ls -l /etc/modprobe.d/iw*
-rw-r--r-- 1 root root 347  4月 10 23:08 /etc/modprobe.d/iwlwifi.conf
kubuntu@kubuntu:~$

kubuntu@kubuntu:~$ cat /etc/modprobe.d/iwlwifi.conf
# /etc/modprobe.d/iwlwifi.conf
# iwlwifi will dyamically load either iwldvm or iwlmvm depending on the
# microcode file installed on the system.  When removing iwlwifi, first
# remove the iwl?vm module and then iwlwifi.
remove iwlwifi \
(/sbin/lsmod | grep -o -e ^iwlmvm -e ^iwldvm -e ^iwlwifi | xargs /sbin/rmmod) \
&& /sbin/modprobe -r mac80211
kubuntu@kubuntu:~$



● LED点滅を止める為の設定ファイル iwled.conf を追加

kubuntu@kubuntu:~$ sudo vi /etc/modprobe.d/iwled.conf
options   ipw2200   led=0
kubuntu@kubuntu:~$ ls -l /etc/modprobe.d/iw*
-rw-r--r-- 1 root root  22  8月 21 21:03 /etc/modprobe.d/iwled.conf
-rw-r--r-- 1 root root 347  4月 10 23:08 /etc/modprobe.d/iwlwifi.conf
kubuntu@kubuntu:~$
kubuntu@kubuntu:~$  sync
kubuntu@kubuntu:~$  sudo sync
kubuntu@kubuntu:~$  reboot
 
-----
kubuntu 再起動後に、Wi-Fi LEDが点滅しないことを確認.

...いちいち再起動しなくても、すぐに確認できる方法は?




テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/08/21(木) 23:23:23|
  2. Linux

GParted ブータブルUSBの作成


GParted Ver0.19.1-1 Boot画面 GParted Ver0.19.1-1 Desktop画面 

GParted Live on USB
  >  USB setup with GNU/Linux  >  GNU/Linux Method B: Manual

4つの作成手法があるが、今回は Manual で作成を行う.


00: 事前準備
・256MB以上のUSBメモリ (2014/08/15現在のGPartedサイズより.  価格.com USBメモリ情報)  
・Linux端末


GNU/Linux Method B: Manual にある作成手順 1~5ステップにて完成する.
1. GParted Live zipファイルのダウンロード
2. FAT32(or FAT16)でUSBメモリをフォーマット
3. USBデバイスのマウント
4. GParted Live zipファイルをUSBメモリ内へ展開
5: makeboot.sh にてGParted ブータブルUSBスティックの作成


** 要約 & 注意点 START **
1. GParted ZIPファイルのダウンロード. isoファイルではない. 
gparted-live-version#-architecture.zip
ハッシュ値の確認.

2.
FAT32もしくはFAT16にてUSBメモリをフォーマット
フォーマットするデバイスは、必ずアンマウントされていること.
USBデバイス名は、付箋紙にメモするぐらい注意を払って確認すること.
USBメモリを挿した後..
$ dmesg | tail -10
$ sudo fdisk -l
$ cat /proc/partitions などでしっかり確認.
bootフラグの付加を忘れないこと.

3.
USBデバイスのマウント
File Managerを使ってデバイスにアクセスしマウントさせる等、ツールも活用.
dfコマンドで、状況確認.

4.
ダウンロードしたZIPファイルをUSBメモリ/直下に展開
$ unzip "GParted Live zipファイル名" -d  "マウントしたUSB/直下" [Enter]

5.
makeboot.sh にてGParted ブータブルUSBスティックの作成
USBメモリ/utils/linux/makeboot.sh を実行して作成する.
root権限にて bash makeboot.sh "USBデバイス名+パーティション番号" [Enter]
USBデバイス名とパーティション番号の確認を怠るな.
** 要約 & 注意点 END **





01: GParted Live zipファイルの ダウンロード
今回は、[ gparted-live-0.19.1-1-i486.zip ] をダウンロード.
ハッシュ値の 確認.


02: FAT32(or FAT16)でUSBメモリをフォーマット
端末に接続したUSBメモリのデバイス名をしっかりと確認し、間違って他を初期化しないよう.
bootフラグの確認.

kubuntu@kubuntu:~$ sudo fdisk -l /dev/sdc

Disk /dev/sdc: 2003 MB, 2003828736 bytes
158 heads, 42 sectors/track, 589 cylinders, total 3913728 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x000ac0b6
   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdc1   *        2048     3913727     1955840    b  W95 FAT32
kubuntu@kubuntu:~$



GParted Live USB Tips about first sector numbers

"最初のパーティション63セクタから"  とTIPにあるが
2048セクタスタートでも問題なくUSBからGParted Liveが起動した.

fdiskでパーティションを切った時のファーストセクタの話などは、ここを 参考.
% fdisk -V
fdisk from util-linux x.xx.x
今回利用した kubuntu14.04.1 --> 2.20.1
SystemRescuCd4.3.0 --> 2.24.1
knoppix 6.7.1 は 2.17.2 だったので、これで切れば63セクタスタートになるのでは?
現行のfdiskは2048セクタ始まり.
cfdisk, sfdiskの話は機会があれば..


03: USBデバイスのマウント
kubuntu であれば、File Manager " Dolphin " にてUSBデバイスにアクセスすれば
/media/kubuntu/ partition-label-name 辺りにマウントしてくれる.

kubuntu@kubuntu:~$ df
Filesystem     1K-blocks     Used Available Use% Mounted on
/cow             2196200   958148   1123160  47% /
udev              762164       12    762152   1% /dev
tmpfs             154504     1132    153372   1% /run
/dev/sdb1        3377704  3345996     31708 100% /cdrom
/dev/loop0       1003776  1003776         0 100% /rofs
none                   4        0         4   0% /sys/fs/cgroup
tmpfs             772520       20    772500   1% /tmp
none                5120        4      5116   1% /run/lock
none              772520      152    772368   1% /run/shm
none              102400       20    102380   1% /run/user
/dev/sda8       63554760 15902460  44400832  27% /media/kubuntu/LinuxData08AUG14
/dev/sdc1        1952008        4   1952004   1% /media/kubuntu/GParted
kubuntu@kubuntu:~$


04: GParted Live zipファイルをUSBメモリ内へ展開
$ unzip "GParted Live zipファイル名" -d  "マウントしたUSB/直下" [Enter]

kubuntu@kubuntu:~$ unzip gparted-live-0.19.1-1-i486.zip -d /media/kubuntu/GParted/
Archive:  gparted-live-0.19.1-1-i486.zip
   creating: /media/kubuntu/GParted/EFI/
   creating: /media/kubuntu/GParted/EFI/boot/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/EFI/boot/Gsplash.png  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/EFI/boot/grub.cfg  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/EFI/boot/bootx64.efi  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/EFI/boot/bootia32.efi  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/EFI/boot/unicode.pf2  
   creating: /media/kubuntu/GParted/EFI/images/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/EFI/images/efiboot.img  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/GPL  
   creating: /media/kubuntu/GParted/boot/
   creating: /media/kubuntu/GParted/boot/grub/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/boot/grub/grub.cfg  
   creating: /media/kubuntu/GParted/live/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/live/memtest  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/live/initrd.img  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/live/filesystem.packages-remove  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/live/filesystem.packages  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/live/vmlinuz  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/live/filesystem.squashfs  
   creating: /media/kubuntu/GParted/.disk/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/.disk/info  
   creating: /media/kubuntu/GParted/utils/
   creating: /media/kubuntu/GParted/utils/mbr/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/mbr/mbr.bin  
   creating: /media/kubuntu/GParted/utils/linux/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/linux/extlinux  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/linux/VERSION.txt  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/linux/makeboot.sh  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/linux/syslinux  
   creating: /media/kubuntu/GParted/utils/win32/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/win32/VERSION.txt  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/win32/syslinux.exe  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/win32/makeboot.bat  
   creating: /media/kubuntu/GParted/utils/win64/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/win64/VERSION.txt  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/win64/makeboot64.bat  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/win64/syslinux64.exe  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/README.txt  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/GParted-Live-Version  
   creating: /media/kubuntu/GParted/syslinux/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/menu.c32  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/vesamenu.c32  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/ldlinux.c32  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/Gsplash.png  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/iso_sort.txt  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/chain.c32  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/memdisk  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/isolinux.bin  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/isolinux.cfg  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/syslinux.cfg  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/libutil.c32  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/libcom32.c32
kubuntu@kubuntu:~$
kubuntu@kubuntu:~$ sync
kubuntu@kubuntu:~$ sudo sync


05: makeboot.sh にてGParted ブータブルUSBスティックの作成
bash makeboot.sh "USBデバイス名+パーティション番号" [Enter]

kubuntu@kubuntu:~$ cd /media/kubuntu/GParted/utils/linux/
kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$ ls -l
total 452
-rw-r--r-- 1 kubuntu kubuntu     29  7月 16 13:19 VERSION.txt
-rw-r--r-- 1 kubuntu kubuntu 221896  6月 25 12:03 extlinux
-rw-r--r-- 1 kubuntu kubuntu  14334  6月 18 11:32 makeboot.sh
-rw-r--r-- 1 kubuntu kubuntu 213720  6月 25 12:03 syslinux
kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$ cat VERSION.txt 
SYSLINUX version: 6.03-pre18

makeboot.sh 実行前に、再度、USBデバイス名の確認.
kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$ sudo fdisk -l

kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$ bash ./makeboot.sh /dev/sdc1

[kubuntu] You need to run this script "makeboot.sh" as root.

kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$ sudo bash ./makeboot.sh /dev/sdc1
This command will install MBR and syslinux bootloader on this machine
--------------------------------------------
Machine:  :
Model: silicon -power (scsi)
Disk /dev/sdc: 2004MB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos
Number  Start   End     Size    Type     File system  Flags
 1      1049kB  2004MB  2003MB  primary  fat32        boot
--------------------------------------------
Are you sure you want to continue?
[y/n] y
OK! Let's do it!
--------------------------------------------
File system of /dev/sdc1: vfat
--------------------------------------------
Do you want to install mbr on /dev/sdc on this machine " " ?
[y/n] y
OK! Let's do it!
--------------------------------------------
Do you want to install the SYSLINUX bootloader on /dev/sdc1 on this machine " " ?
[y/n] y
OK! Let's do it!
A filesystem supporting Unix file mode for syslinux is required. Copying syslinux from FAT to /tmp/...
'/media/kubuntu/GParted/utils/linux/syslinux' -> '/tmp/syslinux_tmp.2rRWXE/syslinux'
Running: /tmp/syslinux_tmp.2rRWXE/syslinux -d syslinux -f -i /dev/sdc1 
done!
//NOTE// If your USB flash drive fails to boot (maybe buggy BIOS), try to use "syslinux -d syslinux -fs /dev/sdc1", i.e. running with "-fs".
kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$
kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$ sync
kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$ sudo sync

GParted Live on USBの完成.

最後にマウントを切って、電源断.

kubuntu@kubuntu:~$ df
Filesystem     1K-blocks     Used Available Use% Mounted on
/cow             2196200   957340   1123968  46% /
udev              762164       12    762152   1% /dev
tmpfs             154504     1132    153372   1% /run
/dev/sdb1        3377704  3345996     31708 100% /cdrom
/dev/loop0       1003776  1003776         0 100% /rofs
none                   4        0         4   0% /sys/fs/cgroup
tmpfs             772520       24    772496   1% /tmp
none                5120        4      5116   1% /run/lock
none              772520      152    772368   1% /run/shm
none              102400       20    102380   1% /run/user
/dev/sda8       63554760 15902460  44400832  27% /media/kubuntu/LinuxData08AUG14
/dev/sdc1        1952008   193900   1758108  10% /media/kubuntu/GParted
kubuntu@kubuntu:~$ sudo umount /dev/sdc1
kubuntu@kubuntu:~$ sudo umount /dev/sda8
kubuntu@kubuntu:~$ sync
kubuntu@kubuntu:~$ sudo sync
kubuntu@kubuntu:~$ shutdown -h now



続きを読む

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/08/15(金) 13:47:08|
  2. Linux

返ってきた corega CG-BARPRO6

コレガに返送していた コンシューマ向け IPv6対応ルーター

「弊社へ送付頂きました製品につきまして動作検証を行い、正常稼動が確認されました。」 というA4の紙と共に、返ってきた。
一応、本体交換ということで、サラが箱の中に入っている。


電源投入  日時を設定
Firmware は、初版の Ver 1.00 だった。


● 端末のMACアドレスに対する IPアドレスの紐付け

CG-BARPRO6_PCデータベース画面



● CG-BARPRO6 デフォルトのDHCP設定

CG-BARPRO6_デフォルトのDHCPサーバー設定値


CG-BARPRO6への入力は "日時" と "MACに対するIPアドレス設定" のみ行った

さて、見てみよう
Win2k sp4 の端末を再起動
きちんと、MACアドレスに紐付けされたIPアドレスが割当てられている

では、ここで、一旦 リリースし、更新を掛けてみる

DHCP Server unreachable


初版から、おかしかったのか...

CG-BARPRO6_初版ファーム_DHCPサーバーエラー



問題の切り分けの為、端末側のFirewallは切っている
LANケーブルは複数用意し、CG-BARPRO6への接続ポートも変えている

5回ほど計測
ipconfig /renew と打ってから、エラーが返されるまで 1'02"~05" も掛かっている
本来ならば、数秒ほど--5秒も掛からない--で、IPアドレスが割当てられるのに

うん?  このエラー(DHCP Server unreachable) の後
ipconfig と打ったら、きちんとMACに紐付けされたIPアドレスが表示された
いずれにせよ、挙動がおかしい


他のルーターではどうだろう
端末はそのままに、corega ではなく PLANEX と IO-DATA のルーターで同じことを試してみた

きちんと、MACに紐付けされたIPが割当てられる
何度、ipconfig /release, renew と繰り返しても同じ
これが、普通なのだが..


IPアドレス再割り当て時の挙動を見てみたいので
Debian 5.0.3 にて確認してみる


corega---PLANEX---IO-DATA_それぞれのIPアドレス再割り当て時の結果



確認方法は Windows の時と同じ
端末も同じである

CG-BARPRO6 は、Windowsの時と同様、端末起動時の最初のIP割当てはきちんとできるが
一旦リリースすると、更新を続けても割り当てしてくれない


さて、初版 から 最新の Firmware 3.10 へまた上げてみよう

つづく...


テーマ:通信・回線・サーバー - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/11/13(金) 02:35:15|
  2. ネットワーク
前のページ 次のページ

最新記事

プロフィール

かば丸

Author:かば丸
機械設計からCAD/CAM/CAEのシステム管理に移り、何故かそっちが本業になり、現在、埃まみれの"スパゲッティ"を横目に、ネットワーク設定するニイチャン。
※本ブログに1~10まで丁寧に説明している記事はありません。 あれば、キーボードの隣にSUNTORYほにゃららがあったか、私の老化現象によるものでしょう。

カテゴリ内記事は昇順

未分類 (0)
Linux (7)
無線LAN (9)
Windows (9)
セキュリティ (3)
ネットワーク (1)
ハードウェア (1)

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。