かば丸のーと

PCやネットワークの設定メモ そして、日々の出来事など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

急にセキュリティセンターからの警告バルーンが...

何か新しいソフトを導入したとか、設定を変えた記憶は無いのだが
本日、Vista sp1 端末を立ち上げると、以下のバルーンがデスクトップ右下に出現


Windowsセキュリティセンターからの警告バルーン

昨日までは、こういった事はなく、端末を使えていた


バルーンというか、その吹き出し内をクリックすると
"ファイアウォール無効" などと出ている


Windowsセキュリティセンターからの警告内容

自動更新は、PC起動時にその更新の有無に関わらず
svchost.exe がMS関係のサーバーなどにアクセスして起動が遅れてしまうので
--- 特にハードウェアリソースが十分でない場合 --- 無効にしているが、ファイアウォールは
この端末に導入している、NTT西日本提供の 『セキュリティ対策ツール』が担っていると思うのだが

※ Windowsのセキュリティ情報は MSニュースレターセキュリティホールmemo などを参考に適時対応。



NTT西セキュリティ対策ツールVer15


NTT西セキュリティ対策ツールFW設定

ファイアウォール有効 となっているし、念のため普段利用しないソフトを立ち上げてみたが
きちんと、通信を許可するかどうかのダイアログが出たので、大丈夫だと思うのだが。
また、ツールで確認するか。  しかし、どうして急に?  何か変なものを取り込んでしまった!?


バージョンを見てみる

NTT西セキュリティ対策ツールVersion


そもそも、今使っている、セキュリティ対策ツールVer.15 は最新ではないのは分かっているが
急に、何か内部的に変わったのだろうか。  手動でアップデートを掛けて、パターンファイルを更新
端末を再起動してみたが、Windowsセキュリティセンターからの警告は変わらず出てしまう。



NTT西日本のフレッツ公式サイトへ

NTT西日本フレッツ公式サイト


本日更新!?  これか...?
しかし、それにしても、明日はMS定例セキュリティアップデートの日だというのに。

この端末は、vLite で軽量化している Vista sp1 である。
バルーンが出るのは、そのせいもあるのか?

とにかく、明日の定例アップデートを掛けた後で、再度確認してみよう。
20090716_0324  追記

結論から言うと、7月度MS定例セキュリティアップデートを掛けても、NG.


● 定例を当てる前に、スタートアップ2項目を外したが、問題解消にはならず

Vista_sp1_HomePreから2つのスタートアップを外す



● 定例の3つを適用

Vista_sp1_HomePreに7月度MS定例セキュリティアップデートを当てる



● 7月度定例を当てても、問題が解消されないので、保留にしていた2つのアップデートも適用

Vista_sp1_HomePreに保留していた2つのパッケージを適用



● 合計5つのパッケージ適用後のセキュリティセンター内メッセージ
  ( Windows Defender を一時有効にして、表示 )

Vista_sp1_HomePreセキュリティセンター内メッセージ


やはり、 vLite だから...というよりも、NTT西日本 『セキュリティ対策ツール Ver. 17』がリリースされた時点で
Ver. 15 も何か変わったというか、変わったものを定義ファイルの更新と一緒に取り込んでしまったのではないだろうか。


そうこうしてるうちに、Vistaのペイントを操作中、あまり目にしたくないエラーが飛び込んできた

___の命令が__のメモリを参照しました__メモリがreadになることはできませんでした


これは、恐らく、今までの経験上
保留にしていた、.NET のパッケージを当ててしまったせいであろう。 ( と、思う )



20090905_00:45 追記

どうやら、NTTのセキュリティ対策ツールだけではなく
他のセキュリティ対策ソフトでも似たような現象が出ている模様

● McAfee : Windows セキュリティの緊急警告が出力されます (VE09082501)

● Kaspersky : Windows Vista SP1で、Windows セキュリティセンターより警告メッセージが表示される現象につきまして

● ESET Smart Security / ESET NOD32 : Windowsセキュリティセンターの警告が表示される件について (NOTIFY20090715)

● Symantec Endpoint Protection 11.0 : windows security center - reporting in a format that is no longer supported

-----

NTT西日本から、以下の修正モジュールが出ているが、現在未適用

● NTT西日本  セキュリティ対策ツール サポート情報 : インストール後「スパイウェアとその他のマルウェア対策」が「最新ではありません」と表示される現象について

------

.NET Framework パッケージは、Windowsの "プログラムと機能" より通常のアンインストールを行った後、.NET Framework cleanup tool を使って完全削除したが、未だに 0x~ の命令が 0x~ のメモリを参照しました の エラーは出ている。

テーマ:セキュリティソフト - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/07/14(火) 23:53:20|
  2. セキュリティ

最新記事

プロフィール

かば丸

Author:かば丸
機械設計からCAD/CAM/CAEのシステム管理に移り、何故かそっちが本業になり、現在、埃まみれの"スパゲッティ"を横目に、ネットワーク設定するニイチャン。
※本ブログに1~10まで丁寧に説明している記事はありません。 あれば、キーボードの隣にSUNTORYほにゃららがあったか、私の老化現象によるものでしょう。

カテゴリ内記事は昇順

未分類 (0)
Linux (7)
無線LAN (9)
Windows (9)
セキュリティ (3)
ネットワーク (1)
ハードウェア (1)

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。