かば丸のーと

PCやネットワークの設定メモ そして、日々の出来事など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

La Fonera+ (FON2201)へ アドオンFreeWLAN 導入NG.. あなたは? その7

FON2201復旧

これもまた、International fon wiki からの情報。感謝である。
そして、このページに辿り着く元になった、FreeWLAN解説サイト日本語訳してくれた人
また、FON 復活に関わった全てのソフトウェアに感謝。

How to unbrick - revive your Foneraplus


■ 環境:
PCのOS: Windows 2000 sp4
ターミナル: PuTTYjp  Version 0.60-jp20070603
TFTPサーバー: Poor TFTP Server for WIN32  Ver 1.0  (以前 Cisco IOS のバックアップに用いたサーバー)

FON2201へロードする3つのファイル:

D:\20090509FON2201>dir
2007/10/23  03:24p           6,356,992 image.bin
2007/08/13  09:44p           1,310,720 IMAGE2.BIN
2007/08/13  09:17p                 65,536 LOADER.BIN

D:\20090509FON2201>md5sum *.bin
32699c2781c95b6a463ab99c209c3995  *image.bin
ad6e150c36d2943813edfb1ff397c756     *IMAGE2.BIN
48b471511907e582ecc0a3b40a174f64  *LOADER.BIN



復旧処理:
WindowsからのRedBootアクセス方法は、FON2201のsshアクセス化(Unlocking)--方法1--の
3 Windows howto を参照。


FON2201 電源OFFの確認

● FON2201へロードするファイルをダウンロード

1.2 Pre-requisite にある
# Download loader and image2 (failsafe boot) partitions here  及び
# Download main FON-firmware partition image here  からダウンロード展開し、必要な3つのファイルを抽出。

TFTP サーバーのホームディレクトリへ、3つのファイルをコピー
( e.g. D:\20090509FON2201 )

● PCのIPアドレスを 192.168.1.254固定
また、PC側Firewallは切っておく。FONのLAN側とPC間の閉じたネットワーク内で復旧作業を行うので、特に問題はない。

● ターミナルソフトを起動し、FON2201への接続準備

PuTTY の場合:
接続先の指定 枠内にて
ホスト名 (または IP アドレス): 192.168.1.1
接続タイプ: Telnet
ポート: 9000

※上記設定後、PuTTY画面右下にある [ 開く(O) ] ボタンの位置を確認しておく。

● PCのコマンドプロンプトから 192.168.1.1ping 送信
> ping -t 192.168.1.1

● FON2201の電源ON

PuTTY から FON2201のRedBootへログイン
ping に FON2201 が返事したところで、PuTTY の [ 開く(O) ] をクリックする。
( PuTTY 内にて ^C しなくても、RedBootに入れた )

> ping -t 192.168.1.1
.
.
Destination host unreachable.
Destination host unreachable.
Destination host unreachable.
Reply from 192.168.1.1: bytes=32 time=38ms TTL=64  <= ココで、PuTTYの[ 開く(O) ] をクリック!
Reply from 192.168.1.1: bytes=32 time=1ms TTL=64
Reply from 192.168.1.1: bytes=32 time=2ms TTL=64
^C ( RedBootに入れた事を確認後、Ctrl-C で抜けておく )


RedBoot ログイン 例:

== Executing boot script in 1.960 seconds - enter ^C to abort
^C
RedBoot>


タイミングがうまく合わなかったら:
FONの電源OFF
コマンドプロンプト内のpingを^Cで終了
PuTTY起動し、IPアドレス入力、telnet指定、ポート9000指定
コマンドプロンプト内でpingスタート
PuTTY内 [ 開く(O) ] ボタンの上にマウスカーソルを置く
FON 電源ON
コマンドプロンプト内 ping 画面を注視して...クリック!


● FON2201 パーティションの確認  => OK.
How to unbrick - revive your Foneraplus の 1.3 Check partitions on RedBoot


RedBoot> fis list
Name              FLASH addr  Mem addr    Length      Entry point
RedBoot           0xA8000000  0xA8000000  0x00030000  0x00000000
loader            0xA8030000  0x80100000  0x00010000  0x80100000
image             0xA8040000  0x80040400  0x00230004  0x80040400
image2            0xA8660000  0xA8660000  0x00140000  0x80040400
FIS directory     0xA87E0000  0xA87E0000  0x0000F000  0x00000000
RedBoot config    0xA87EF000  0xA87EF000  0x00001000  0x00000000
RedBoot>


● FON2201 初期設定情報の確認 ( 今回は確認だけで良かった )  => "looks similar" なので OK.
How to unbrick - revive your Foneraplus の 1.4 Check and modify RedBoot init script


RedBoot> fconfig -l -n       (  fc -l -n でも良い )
boot_script: true
boot_script_data:
.. fis load loader
.. go    <------------------------- ココが ".. go 0x80100000" となっていない

boot_script_timeout: 2
bootp: false
bootp_my_gateway_ip: 0.0.0.0
bootp_my_ip: 192.168.1.1
bootp_my_ip_mask: 255.255.255.0
bootp_server_ip: 192.168.1.254
console_baud_rate: 9600
gdb_port: 9000
info_console_force: false
net_debug: false
RedBoot>

異なる部分もあるが、以下のように "似ていたら 直接 step 5 へ" とあるので次に進む。
If partition list in step1 and fconfig result in this step2 looks similar to your, try to jump directly to step 5.


TFTPサーバー起動
これからFON2201にロードする、3つのファイルが置かれているディレクトリが
Poor TFTPサーバーの "Authorized Directory:" に指定されていることも確認しておく。(ここが、TFTPサーバーのホームディレクトリ) 指定されていなかった場合は、[ Select.. ] ボタンをクリックし、指定する。

TFTPサーバーの起動確認 例:
> netstat -an | find ":69"
  UDP    0.0.0.0:69             *:*


● FON2201 へ loader 及び、image2 のロード => OK.
How to unbrick - revive your Foneraplus の 1.6 Flash "loader" and "image2" partitions


RedBoot> load -r -b 0x80100000 loader.bin
Using default protocol (TFTP)
Raw file loaded 0x80100000-0x8010ffff, assumed entry at 0x80100000
RedBoot> fis create loader
An image named 'loader' exists - continue (y/n)? y
... Erase from 0xa8030000-0xa8040000: .
... Program from 0x80100000-0x80110000 at 0xa8030000: .
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot>

RedBoot> load -r -b 0x80100000 image2.bin
Using default protocol (TFTP)
Raw file loaded 0x80100000-0x8023ffff, assumed entry at 0x80100000
RedBoot> fis create image2
An image named 'image2' exists - continue (y/n)? y
... Erase from 0xa8660000-0xa87a0000: ....................
... Program from 0x80100000-0x80240000 at 0xa8660000: ....................
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot>


● FON2201 へ メインパーティション image のロード => OK.
How to unbrick - revive your Foneraplus の 1.7 Flash main partition "image"


RedBoot> load -r -b 0x80100000 image.bin
Using default protocol (TFTP)
Raw file loaded 0x80100000-0x8070ffff, assumed entry at 0x80100000
RedBoot> fis write -b 0x80100000 -f 0xa8040000 -l 0x00610000
* CAUTION * about to program FLASH
            at 0xa8040000..0xa864ffff from 0x80100000 - continue (y/n)? y
... Erase from 0xa8040000-0xa8650000: .................................................................................................
... Program from 0x80100000-0x80710000 at 0xa8040000: .................................................................................................
RedBoot>


● FON2201 再起動 => OK.
How to unbrick - revive your Foneraplus の 1.8 Reboot and customize
RedBoot> reset


● TFTPサーバー 及び、 ターミナル PuTTY 終了

● PCのIPアドレスを元に戻す (FONのDHCPサーバーからIPアドレスを割り当てられるように設定)
PCのFirewall設定も元に戻しておく。

● FON2201 のLED確認 => WiFi LED も OK.

● PC への IPアドレス割り当て確認 OK.
e.g. > ipconfig /renew

● ブラウザから FON へアクセス ( 192.168.10.1 or 169.254.255.1 )  OK.
Firmware は 1.1.1r1  ID及びP/Wは共に admin と 方法2 にて ./2201-full-restore した状態と同じ。
[ で、あったと思う ]

● FON2201 復旧 完了.


-------------
Linux環境からのBreakで、RedBootに入る
そのタイミングが良く掴めなかった為、今回Windows環境から行ったが
拍子抜けするほど、簡単に RedBoot に入れた。
DD-WRT や OpenWRT 化に失敗した時も、この復旧処理が使えそうなので、必要な場合は次回も Win環境から FON2201 の RedBoot に入りたいと思う。



参考:
WindowsコマンドラインでMD5値を出力する etree.org の md5sum
WindowsでMD5やSHA1等を高速に出力する うり氏 の FastHash
Philippe Jounin 氏の TFTP Server  Tftpd32
sourceforge.net の  Open TFTP Server
Cisco パスワード回復中の標準的なブレーク キー シーケンスの組み合わせ


テーマ:通信・回線・サーバー - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/06/08(月) 17:26:14|
  2. 無線LAN

最新記事

プロフィール

かば丸

Author:かば丸
機械設計からCAD/CAM/CAEのシステム管理に移り、何故かそっちが本業になり、現在、埃まみれの"スパゲッティ"を横目に、ネットワーク設定するニイチャン。
※本ブログに1~10まで丁寧に説明している記事はありません。 あれば、キーボードの隣にSUNTORYほにゃららがあったか、私の老化現象によるものでしょう。

カテゴリ内記事は昇順

未分類 (0)
Linux (7)
無線LAN (9)
Windows (9)
セキュリティ (3)
ネットワーク (1)
ハードウェア (1)

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。