かば丸のーと

PCやネットワークの設定メモ そして、日々の出来事など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

La Fonera+ (FON2201)へ アドオンFreeWLAN 導入NG.. あなたは? その6

方法1FON2201sshアクセス出来るようにする (Unlocking) が失敗

方法2FON2201にsshアクセス出来るようにした場合は
この方法1によるUnlockingをやる必要はない。

方法1 でのUnlocking処理...例えば、Ubuntuでやる場合
2.1 The server side ~ 2.8 Resetting までの内容を
./2201-unlocking でお手軽にやってくれるのが、方法2だと思われる。

いずれにせよ、FON2201Unlockingできたら
FreeWLAN のパッケージを導入してみる。 うまく動いてくれなかったら、
./2201-full-restoreDebrickingし、firemware 1.1.1r1の状態に戻す。
もう一度、FreeWLAN化試してみたいなら、そこからまた
./2201-unlocking して、パッケージを流し込み、展開してみる。
で、また...っと、このサイクルを3、4回やったが、FON2201が壊れることはなかった。

しかし、何かを誤り
方法1 で、FONを壊してしまった。 以下、その顛末である...


============

HowTo Foneraplus unlockig/en
2 Ubuntu Linux howto

他のLinux distroでも良いとあるので、Debian 5.0.1 で行ったが
arping に -f オプションが無かったので--そもそもUbuntuはDebian系統なのに、こんな事もあるのか--
● Ubuntu 8.10 にて、各ステップを実行


2.3 The Client side

● クライアント側 eth0 を 192.168.1.254 に固定
(Ubuntuが自動でIPを設定しようとするので、直接設定ファイルを編集)

● スクリプト作成後、実行権を付加
( 少々強引なスクリプトだが、他に代替できるやり方を知らないので、そのまま作成)


2.4 Access redboot of the Fonera+

● スクリプト実行

$ ./catch_fonera+
ARPING 192.168.1.1 from 0.0.0.0 eth0
arping: no source address in not-DAD mode
192.168.1.1: inverse host lookup failed: Unknown host
(UNKNOWN) [192.168.1.1] 9000 (?) open
== Executing boot script in 0.890 seconds - enter ^C to abort

RedBoot> ��help
^C sent 6, rcvd 82
Trying 192.168.1.1...
Connected to 192.168.1.1.
Escape character is '^]'.

"?"などの文字化けもそのまま掲載。
"help" は、きちんとRedbootに入れるよう、とっさにタイプしたもの。特に必要はない。


RedBoot> help
Manage aliases kept in FLASH memory
   alias name [value]
Set/Query the system console baud rate
   baudrate [-b <rate>]
Move Atheros Board Data information
   bdmove
Restore Atheros Board Data information
   bdrestore
Manage machine caches
   cache [ON | OFF]
Display/switch console channel
   channel [-1|<channel number>]
Compute a 32bit checksum [POSIX algorithm] for a range of memory
   cksum -b <location> -l <length>
Display (hex dump) a range of memory
   dump -b <location> [-l <length>] [-s] [-1|2|4]
Execute an image
   exec [-b <argv addr>] [-c "kernel command line"] [-w <timeout>]
        [<entry point>]
Manage FLASH images
   fis {cmds}
Manage configuration kept in FLASH memory
   fconfig [-i] [-l] [-n] [-f] [-d] | [-d] nickname [value]
Get Key number
   get_key
Get Mac addresses
   get_mac
Get Serial number
   get_serial
Execute code at a location
   go [-w <timeout>] [-c] [-n] [entry]
Help about help?
   help [<topic>]
Display command history
   history
Set/change IP addresses
   ip_address [-l <local_ip_address>[/<mask_len>]] [-h <server_address>]
Load a file
   load [-r] [-v] [-d] [-h <host>] [-p <TCP port>][-m <varies>] [-c <channel_number>]
        [-b <base_address>] <file_name>
Compare two blocks of memory
   mcmp -s <location> -d <location> -l <length> [-1|-2|-4]
Copy memory from one address to another
   mcopy -s <location> -d <location> -l <length> [-1|-2|-4]
Fill a block of memory with a pattern
   mfill -b <location> -l <length> -p <pattern> [-1|-2|-4]
Network connectivity test
   ping [-v] [-n <count>] [-l <length>] [-t <timeout>] [-r <rate>]
        [-i <IP_addr>] -h <IP_addr>
Reset the system
   reset
Set values
   set
Display RedBoot version information
   version
Display (hex dump) a range of memory
   x -b <location> [-l <length>] [-s] [-1|2|4]
RedBoot>


2.4 Access redboot of the Fonera+
Some checks before flashing では
RedBoot> fis list
Name              FLASH addr  Mem addr    Length      Entry point
RedBoot           0xA8000000  0x80040400  0x00030000  0xA8000000  と出ているが
自分の FON2201 では、以下のように異なる

RedBoot> fis list
Name              FLASH addr  Mem addr    Length      Entry point
RedBoot           0xA8000000  0xA8000000  0x00030000  0x00000000
loader            0xA8030000  0x80100000  0x00010000  0x80100000
image             0xA8040000  0x80040400  0x00230004  0x80040400
image2            0xA8660000  0xA8660000  0x00140000  0x80040400
FIS directory     0xA87E0000  0xA87E0000  0x0000F000  0x00000000
RedBoot config    0xA87EF000  0xA87EF000  0x00001000  0x00000000
RedBoot>

Take a sharp look to the above output, you should get exactly the same values in your screen.
"正確に同じでないといけない" とあるので
But if you notice anything different here please go to THIS page. へ。

Different result for steps 2 and 3
しかし、このページは step1 つまり、fis list はきちんと正確に同じだったが
その後の内容が違った場合の処理である。
* I do the fis list (step 1) .... everything is the same: OK
* But when I do..

他、step1が違った場合の記述は見付けられなかったので
『まぁ、やってみよう』と 2.6 Loading the image to the Fonera+ with tftp を行う前に
ANSWER にある fis write コマンドを実行 してしまった
..FON2201 が機能しなくなった

RedBoot> fis ?
*** invalid 'fis' command: unrecognized command
Usage:
  fis create -b <mem_base> -l <image_length> [-s <data_length>]
      [-f <flash_addr>] [-e <entry_point>] [-r <ram_addr>] [-n] <name>
  fis delete name
  fis erase -f <flash_addr> -l <length>
  fis free
  fis init [-f]
  fis list [-c] [-d]
  fis load [-d] [-l] [-b <memory_load_address>] [-c] name
  fis write -f <flash_addr> -b <mem_base> -l <image_length>
RedBoot> fis write -b 0x80100000 -f 0xa8040000 -l 0x00610000
* CAUTION * about to program FLASH
            at 0xa8040000..0xa864ffff from 0x80100000 - continue (y/n)? y

... Erase from 0xa8040000-0xa8650000: .................................................................................................
... Program from 0x80100000-0x80710000 at 0xa8040000: .................................................................................................
RedBoot> とカーソルが帰ってくるまで 27分

RedBoot> reset
(このコマンドは、今までの設定を "なかったことにする" ものではなく、再起動のコマンドである)


fis write の時、カーソルが帰ってくるまでに30分程掛かったのでそれぐらい掛かるのかと暫く待つ。しかし、40分以上経っても何ら変化なし。
(
reset の後もまたカーソルが戻ってくると思っていた。 この時、初めて "もしや..?" という思いが頭をよぎる)

電源をコンセントから切る。  落ち着いてから、電源を入れる。
LEDの様子が違う。
ルーティングしない。WiFiも機能しない。


次回、ここからの復旧を。


参考:
RedBoot コマンドの説明 RedBoot User's Guide
RedBoot User's Guide (Document Version 1.5m, July 2001 RedHat, Inc.) PDF


テーマ:通信・回線・サーバー - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/06/04(木) 08:55:19|
  2. 無線LAN

最新記事

プロフィール

かば丸

Author:かば丸
機械設計からCAD/CAM/CAEのシステム管理に移り、何故かそっちが本業になり、現在、埃まみれの"スパゲッティ"を横目に、ネットワーク設定するニイチャン。
※本ブログに1~10まで丁寧に説明している記事はありません。 あれば、キーボードの隣にSUNTORYほにゃららがあったか、私の老化現象によるものでしょう。

カテゴリ内記事は昇順

未分類 (0)
Linux (7)
無線LAN (9)
Windows (9)
セキュリティ (3)
ネットワーク (1)
ハードウェア (1)

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。