かば丸のーと

PCやネットワークの設定メモ そして、日々の出来事など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SystemRescueCd にて画面ダンプ

xwd コマンドにてうまく画面のダンプが取れない場合は
Ctrl + F2 などで、仮想デスクトップを切り替えてクリックする:


仮想デスクトップ1 にて
Terminal (xfce Terminal 0.2.12) と GParted 0.4.5 を開き
Terminal で、xwd コマンドを打ち、GParted の画面をクリックしても NG.

root@sysresccd /mnt/windows/AX4_20090624 % xwd > ./AX4-GParted045-01.xwd
X Error of failed request: BadValue (integer parameter out of range for
operation)
Major opcode of failed request: 91 (X_QueryColors)
Value in failed request: 0x9d85ff8
Serial number of failed request: 331
Current serial number in output stream: 331
root@sysresccd /mnt/windows/AX4_20090624 %


仮想デスクトップ1 に Terminal
仮想デスクトップ2GParted と分けておくと、うまくダンプが取れた。


SATA接続160GハードディスクのパーティションをGParted 0.4.5 にて表示した画像



続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/06/24(水) 19:03:11|
  2. Linux

Debian lenny LXDE版にDropboxクライアントを...あきらめる

Debian lenny -- debian-501-i386-xfce+lxde-CD-1.iso インスト -- 稼動中のノートPCに
Dropbox ( nautilus-dropbox-0.6.1.tar.bz2 ) をインストールしたい:

System Requirements:

Nautilus は導入していない。インストールのsimulation確認:

$ sudo apt-get -s install nautilus
.
.
アップグレード: 0 個、新規インストール: 146 個、削除: 0 個、保留: 0 個

GNOME標準のファイルマネージャなので色々入るとは思ったが、、諦める。



■ブラウザ経由で利用する■

Dropbox のサイト https://www.getdropbox.com/  もしくは  https://www.getdropbox.com/login/ からログイン

Dropbox_Web_Interface_ログイン画面



enhanced uploader の [ Select files... ] をクリックし、アップロードしたいファイルを選択(複数可)
Select files...  が  Loading... となっている場合は適切な ( 記事1, 2Adobe Flash Player を導入する

Dropbox_Web_Interface_enhanced-uploader__Select



enhanced uploader にてうまくいかない場合は
basic uploader にて、Uploadしたいファイルを [ 参照 ] をクリックして指定する

Dropbox_Web_Interface_basic-uploader




知人に紹介すると、双方に 250MBプレゼント
Dropbox のサイトから login すると "Get extra space free" が出てくる ( MAX3G ) 頑張って12人に声掛ける?
 
Dropbox_紹介者とあなたに250MBプレゼント♪



参考:
Dropbox 徹底解剖  Free版Dropbox 90日間アクセスしなかったらファイルが消える!? などの解説がある
slashdot.jp  "ホーム・ディレクトリの同期や管理、どうしてる?"
Dropbox 本家

続きを読む

テーマ:役立つツール - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/06/26(金) 16:19:43|
  2. Linux

SystemRescueCdでDropbox

SystemRescueCd 1.2.1 でのHDDパーティション操作履歴を Dropbox へ残す

● 起動オプション

boot: rescuecd setkmap=jp

● root パスワードの設定

root@sysresccd /root % passwd

● ネットワーク状況の確認

root@sysresccd /root % ifconfig
root@sysresccd /root % iptables -L -n

● X Window の起動

root@sysresccd /root % wizard

現在のパーティション状況を記録

root@sysresccd /root/Dropbox % fdisk -l
root@sysresccd /root/Dropbox % parted /dev/sda


GParted 0.4.5 を起動して
root@sysresccd /root/Dropbox % xwd > AX4-GParted-20090627.xwd


GParted045にてHDD操作前の画像_AX4_20090629



GParted にてパーティション操作

編集のパーティション状況を記録

● IPアドレス割当

root@sysresccd /root/Dropbox % dhclient

● ブラウザ起動し、Dropbox へログイン

● Dropbox へファイルアップロード


SystemRescueCd121でDropboxにファイルアップロード


● Dropbox ログアウト

● IPアドレス リリース

root@sysresccd /root/Dropbox % dhclient -r

● アプリケーションを終了し、X Window からログアウト

SystemRescueCd 終了

root@sysresccd /root/Dropbox % sync
root@sysresccd /root/Dropbox % sync
root@sysresccd /root/Dropbox % shutdown -h now

完了.

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/06/30(火) 14:44:15|
  2. Linux

Debian lenny LXDE版の Flash Player バージョンアップに

バージョンアップに手間取った時のメモ


Celeron 400MHz / Memory 128M の元はWin95だったノートPC に debian-501-i386-xfce+lxde-CD-1.iso を使って Debian 導入
そのPC上の flashplugin-nonfree パッケージから導入された Adobe Flash Player 10.0.22.87 をバージョンアップする



現在のFlash Player バージョン



現状確認

$ dpkg --list | grep flash
ii  flashplugin-nonfree                  1:2.5~bpo50+1                      Adobe Flash Player - browser plugin
$

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install flashplugin-nonfree
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
flashplugin-nonfree はすでに最新バージョンです。<----- Ver 10.0.32.18 パケジはまだ無いようだ
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
$

$ dpkg -L flashplugin-nonfree
/.
/usr
/usr/share
/usr/share/bug
/usr/share/bug/flashplugin-nonfree
/usr/share/bug/flashplugin-nonfree/script
/usr/share/lintian
/usr/share/lintian/overrides
/usr/share/lintian/overrides/flashplugin-nonfree
/usr/share/man
/usr/share/man/man8
/usr/share/man/man8/update-flashplugin-nonfree.8.gz
/usr/share/doc
/usr/share/doc/flashplugin-nonfree
/usr/share/doc/flashplugin-nonfree/changelog.gz
/usr/share/doc/flashplugin-nonfree/copyright
/usr/lib
/usr/lib/mozilla
/usr/lib/mozilla/plugins  <--- ここに Flash Player のプラグインがある?
/usr/lib/flashplugin-nonfree
/usr/lib/flashplugin-nonfree/pubkey.asc
/usr/sbin
/usr/sbin/update-flashplugin-nonfree  <--- このファイルは?
/var
/var/cache
/var/cache/flashplugin-nonfree
$


プラグインのファイルを探してみると..

$ ls -l /usr/lib/mozilla/plugins/*flash*
lrwxrwxrwx 1 root root 34 2009-04-17 02:51 /usr/lib/mozilla/plugins/flash-mozilla.so -> /etc/alternatives/flash-mozilla.so
$ ls -l /etc/alternatives/flash-mozilla.so
lrwxrwxrwx 1 root root 46 2009-08-03 23:14 /etc/alternatives/flash-mozilla.so -> /usr/lib/flashplugin-nonfree/libflashplayer.so
$ ls -l /usr/lib/flashplugin-nonfree/libflashplayer.so
-rw-r--r-- 1 root root 10278616 2009-07-18 12:10 /usr/lib/flashplugin-nonfree/libflashplayer.so  (現在利用しているプラグイン実体ファイル)
$


一旦 flashplugin-nonfree パケジを削除して、gzipから入れようと思ったが
ちょっとこの update-flashplugin-nonfree が気になる

$ sudo /usr/sbin/update-flashplugin-nonfree
Usage:
  update-flashplugin-nonfree --install
  update-flashplugin-nonfree --uninstall
Additional options:
  --verbose
  --quiet
$


$ sudo /usr/sbin/update-flashplugin-nonfree --install
--2009-08-03 23:14:36--  http://fpdownload.macromedia.com/get/flashplayer/current/install_flash_player_10_linux.tar.gz
fpdownload.macromedia.com をDNSに問いあわせています... 118.214.2.70
fpdownload.macromedia.com|118.214.2.70|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 4044751 (3.9M) [application/x-gzip]
`./install_flash_player_10_linux.tar.gz' に保存中

     0K .......... .......... .......... .......... ..........  1%  719K 5s
       .
       .
  3900K .......... .......... .......... .......... ......... 100% 1.28M=2.8s

2009-08-03 23:14:39 (1.38 MB/s) - `./install_flash_player_10_linux.tar.gz' へ保存完了 [4044751/4044751]

$


どこにあるかと思ったら /var/cache/flashplugin-nonfree に落ちていた

$ ls -l /var/cache/flashplugin-nonfree/
-rw-r--r-- 1 root root 4044751 2009-07-25 09:07 install_flash_player_10_linux.tar.gz

$ cp /var/cache/flashplugin-nonfree/install_flash_player_10_linux.tar.gz /usr/local/src/
$ cd /usr/local/src/
$ ls *flash*
install_flash_player_10_linux.tar.gz
$ tar zxvf install_flash_player_10_linux.tar.gz
libflashplayer.so
$ ls -l *flash*
-rw-r--r-- 1 hoge staff  4044751 2009-08-04 00:44 install_flash_player_10_linux.tar.gz
-rwxr-xr-x 1 hoge staff 10278616 2009-07-18 12:10 libflashplayer.so  (最新Verであろう Adobe Flash Player プラグイン実体ファイル)
$


解凍後出てきたプラグインを現在利用しているものと差し替える --> OK.

最新の Adobe Flash Player 10.0.32.18 に変わっていた。

しかしこんなやり方で... パケジ削除時の依存関係はOK?

$ sudo apt-get -s remove flashplugin-nonfree
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています               
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージは「削除」されます:
  flashplugin-nonfree
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 1 個、保留: 0 個。
Remv flashplugin-nonfree [1:2.5~bpo50+1]
$

大丈夫のようだ
しかし、一旦パケジ削除して、Adobeのサイトにある gzipファイルから導入したほうが早かったような。。

いや、違う

$ man update-flashplugin-nonfree  を見ると、どうやらこのコマンドは Flash Player のバージョンアップに使えそうだ。


ちなみに、一旦パケジ ( flashplugin-nonfree ) を削除すると..

$ ls -l /usr/lib/mozilla/plugins
lrwxrwxrwx 1 root root 34 2009-04-17 02:51 flash-mozilla.so -> /etc/alternatives/flash-mozilla.so
$ ls -l /etc/alternatives/flash-mozilla.so
lrwxrwxrwx 1 root root 43 2009-08-04 01:51 /etc/alternatives/flash-mozilla.so -> /usr/lib/swfdec-mozilla/libswfdecmozilla.so
$ ls -l /usr/lib/swfdec-mozilla/libswfdecmozilla.so
-rw-r--r-- 1 root root 47628 2008-11-08 07:39 /usr/lib/swfdec-mozilla/libswfdecmozilla.so
$


このファイルで、一応 Iceweasel にてflashコンテンツを見ることができた。
Adobeのサイトでバージョンを確認すると 9.0.100.0 と表示


Debianからflashplugin-nonfreeパッケージ削除後の状態



うん?
Debian lenny をインストールして、まだ flashplugin-nonfree パケジ入れる前は
全く、Flash コンテンツは見れなかったような気がするのだが...

この Ver 9.0.100.0 とはどこから来た!?



この状態で、flashplugin-nonfree パケジを導入してみた。
何!?  まだ、/usr/sbin/update-flashplugin-nonfree --install して、ファイルの差し替えしていないのに、Flash のバージョンが最新の 10.0.32.18 になっている。
Iceweasel 上で about:plugins すると


Iceweasel 上にて about:plugins した時の Adobe Flash Player に関わる表示

ファイル名: libflashplayer.so
Shockwave Flash 10.0 r32

おかしい... 前回 update-flashplugin-nonfree --install する前は Flash 10.0. r22 と出ていたのに..



もう一度、flashplugin-nonfree パケジを削除
そして今度は、残っていた
/var/cache/flashplugin-nonfree/install_flash_player_10_linux.tar.gz も削除

$ sudo apt-get clean
$ sync
$ sudo sync
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade  ( 更新ファイルは 0 と出た )
$ sudo apt-get install flashplugin-nonfree
.
.
( 何か先ほどとは違う.. )

flashplugin-nonfree (1:2.5~bpo50+1) を設定しています ...
--2009-08-04 03:24:24--  http://fpdownload.macromedia.com/get/flashplayer/current/install_flash_player_10_linux.tar.gz
fpdownload.macromedia.com をDNSに問いあわせています... 60.254.178.70
fpdownload.macromedia.com|60.254.178.70|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 4044751 (3.9M) [application/x-gzip]
`./install_flash_player_10_linux.tar.gz' に保存中

     0K .......... .......... .......... .......... ..........  1%  543K 7s
     .
     .
  3900K .......... .......... .......... .......... ......... 100% 1.26M=2.8s

2009-08-04 03:24:27 (1.36 MB/s) - `./install_flash_player_10_linux.tar.gz' へ保存完了 [4044751/4044751]

$

先程の apt-get install とは異なる
/usr/sbin/update-flashplugin-nonfree --install した時のようなダウンロード処理の画面




もしかしたら
Adobe が Flash Player の修正版をリリースした後
一旦 apt-get remove
flashplugin-nonfree し、
そして apt-get install flashplugin-nonfree したら
最新の Flash Player がインストールされていたのでは?

また、
/usr/sbin/update-flashplugin-nonfree --install の後
別に libflashplayer.so ファイルを差し替えなくても、既に
" 差し替わっていた " のでは?



今となっては、それら検証もできない
次回、Flash Player のバージョンが上がった時に確認してみよう。




続きを読む

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/08/04(火) 05:47:23|
  2. Linux

GParted ブータブルUSBの作成


GParted Ver0.19.1-1 Boot画面 GParted Ver0.19.1-1 Desktop画面 

GParted Live on USB
  >  USB setup with GNU/Linux  >  GNU/Linux Method B: Manual

4つの作成手法があるが、今回は Manual で作成を行う.


00: 事前準備
・256MB以上のUSBメモリ (2014/08/15現在のGPartedサイズより.  価格.com USBメモリ情報)  
・Linux端末


GNU/Linux Method B: Manual にある作成手順 1~5ステップにて完成する.
1. GParted Live zipファイルのダウンロード
2. FAT32(or FAT16)でUSBメモリをフォーマット
3. USBデバイスのマウント
4. GParted Live zipファイルをUSBメモリ内へ展開
5: makeboot.sh にてGParted ブータブルUSBスティックの作成


** 要約 & 注意点 START **
1. GParted ZIPファイルのダウンロード. isoファイルではない. 
gparted-live-version#-architecture.zip
ハッシュ値の確認.

2.
FAT32もしくはFAT16にてUSBメモリをフォーマット
フォーマットするデバイスは、必ずアンマウントされていること.
USBデバイス名は、付箋紙にメモするぐらい注意を払って確認すること.
USBメモリを挿した後..
$ dmesg | tail -10
$ sudo fdisk -l
$ cat /proc/partitions などでしっかり確認.
bootフラグの付加を忘れないこと.

3.
USBデバイスのマウント
File Managerを使ってデバイスにアクセスしマウントさせる等、ツールも活用.
dfコマンドで、状況確認.

4.
ダウンロードしたZIPファイルをUSBメモリ/直下に展開
$ unzip "GParted Live zipファイル名" -d  "マウントしたUSB/直下" [Enter]

5.
makeboot.sh にてGParted ブータブルUSBスティックの作成
USBメモリ/utils/linux/makeboot.sh を実行して作成する.
root権限にて bash makeboot.sh "USBデバイス名+パーティション番号" [Enter]
USBデバイス名とパーティション番号の確認を怠るな.
** 要約 & 注意点 END **





01: GParted Live zipファイルの ダウンロード
今回は、[ gparted-live-0.19.1-1-i486.zip ] をダウンロード.
ハッシュ値の 確認.


02: FAT32(or FAT16)でUSBメモリをフォーマット
端末に接続したUSBメモリのデバイス名をしっかりと確認し、間違って他を初期化しないよう.
bootフラグの確認.

kubuntu@kubuntu:~$ sudo fdisk -l /dev/sdc

Disk /dev/sdc: 2003 MB, 2003828736 bytes
158 heads, 42 sectors/track, 589 cylinders, total 3913728 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x000ac0b6
   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdc1   *        2048     3913727     1955840    b  W95 FAT32
kubuntu@kubuntu:~$



GParted Live USB Tips about first sector numbers

"最初のパーティション63セクタから"  とTIPにあるが
2048セクタスタートでも問題なくUSBからGParted Liveが起動した.

fdiskでパーティションを切った時のファーストセクタの話などは、ここを 参考.
% fdisk -V
fdisk from util-linux x.xx.x
今回利用した kubuntu14.04.1 --> 2.20.1
SystemRescuCd4.3.0 --> 2.24.1
knoppix 6.7.1 は 2.17.2 だったので、これで切れば63セクタスタートになるのでは?
現行のfdiskは2048セクタ始まり.
cfdisk, sfdiskの話は機会があれば..


03: USBデバイスのマウント
kubuntu であれば、File Manager " Dolphin " にてUSBデバイスにアクセスすれば
/media/kubuntu/ partition-label-name 辺りにマウントしてくれる.

kubuntu@kubuntu:~$ df
Filesystem     1K-blocks     Used Available Use% Mounted on
/cow             2196200   958148   1123160  47% /
udev              762164       12    762152   1% /dev
tmpfs             154504     1132    153372   1% /run
/dev/sdb1        3377704  3345996     31708 100% /cdrom
/dev/loop0       1003776  1003776         0 100% /rofs
none                   4        0         4   0% /sys/fs/cgroup
tmpfs             772520       20    772500   1% /tmp
none                5120        4      5116   1% /run/lock
none              772520      152    772368   1% /run/shm
none              102400       20    102380   1% /run/user
/dev/sda8       63554760 15902460  44400832  27% /media/kubuntu/LinuxData08AUG14
/dev/sdc1        1952008        4   1952004   1% /media/kubuntu/GParted
kubuntu@kubuntu:~$


04: GParted Live zipファイルをUSBメモリ内へ展開
$ unzip "GParted Live zipファイル名" -d  "マウントしたUSB/直下" [Enter]

kubuntu@kubuntu:~$ unzip gparted-live-0.19.1-1-i486.zip -d /media/kubuntu/GParted/
Archive:  gparted-live-0.19.1-1-i486.zip
   creating: /media/kubuntu/GParted/EFI/
   creating: /media/kubuntu/GParted/EFI/boot/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/EFI/boot/Gsplash.png  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/EFI/boot/grub.cfg  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/EFI/boot/bootx64.efi  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/EFI/boot/bootia32.efi  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/EFI/boot/unicode.pf2  
   creating: /media/kubuntu/GParted/EFI/images/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/EFI/images/efiboot.img  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/GPL  
   creating: /media/kubuntu/GParted/boot/
   creating: /media/kubuntu/GParted/boot/grub/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/boot/grub/grub.cfg  
   creating: /media/kubuntu/GParted/live/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/live/memtest  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/live/initrd.img  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/live/filesystem.packages-remove  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/live/filesystem.packages  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/live/vmlinuz  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/live/filesystem.squashfs  
   creating: /media/kubuntu/GParted/.disk/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/.disk/info  
   creating: /media/kubuntu/GParted/utils/
   creating: /media/kubuntu/GParted/utils/mbr/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/mbr/mbr.bin  
   creating: /media/kubuntu/GParted/utils/linux/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/linux/extlinux  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/linux/VERSION.txt  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/linux/makeboot.sh  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/linux/syslinux  
   creating: /media/kubuntu/GParted/utils/win32/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/win32/VERSION.txt  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/win32/syslinux.exe  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/win32/makeboot.bat  
   creating: /media/kubuntu/GParted/utils/win64/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/win64/VERSION.txt  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/win64/makeboot64.bat  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/win64/syslinux64.exe  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/utils/README.txt  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/GParted-Live-Version  
   creating: /media/kubuntu/GParted/syslinux/
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/menu.c32  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/vesamenu.c32  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/ldlinux.c32  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/Gsplash.png  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/iso_sort.txt  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/chain.c32  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/memdisk  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/isolinux.bin  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/isolinux.cfg  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/syslinux.cfg  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/libutil.c32  
 extracting: /media/kubuntu/GParted/syslinux/libcom32.c32
kubuntu@kubuntu:~$
kubuntu@kubuntu:~$ sync
kubuntu@kubuntu:~$ sudo sync


05: makeboot.sh にてGParted ブータブルUSBスティックの作成
bash makeboot.sh "USBデバイス名+パーティション番号" [Enter]

kubuntu@kubuntu:~$ cd /media/kubuntu/GParted/utils/linux/
kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$ ls -l
total 452
-rw-r--r-- 1 kubuntu kubuntu     29  7月 16 13:19 VERSION.txt
-rw-r--r-- 1 kubuntu kubuntu 221896  6月 25 12:03 extlinux
-rw-r--r-- 1 kubuntu kubuntu  14334  6月 18 11:32 makeboot.sh
-rw-r--r-- 1 kubuntu kubuntu 213720  6月 25 12:03 syslinux
kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$ cat VERSION.txt 
SYSLINUX version: 6.03-pre18

makeboot.sh 実行前に、再度、USBデバイス名の確認.
kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$ sudo fdisk -l

kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$ bash ./makeboot.sh /dev/sdc1

[kubuntu] You need to run this script "makeboot.sh" as root.

kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$ sudo bash ./makeboot.sh /dev/sdc1
This command will install MBR and syslinux bootloader on this machine
--------------------------------------------
Machine:  :
Model: silicon -power (scsi)
Disk /dev/sdc: 2004MB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos
Number  Start   End     Size    Type     File system  Flags
 1      1049kB  2004MB  2003MB  primary  fat32        boot
--------------------------------------------
Are you sure you want to continue?
[y/n] y
OK! Let's do it!
--------------------------------------------
File system of /dev/sdc1: vfat
--------------------------------------------
Do you want to install mbr on /dev/sdc on this machine " " ?
[y/n] y
OK! Let's do it!
--------------------------------------------
Do you want to install the SYSLINUX bootloader on /dev/sdc1 on this machine " " ?
[y/n] y
OK! Let's do it!
A filesystem supporting Unix file mode for syslinux is required. Copying syslinux from FAT to /tmp/...
'/media/kubuntu/GParted/utils/linux/syslinux' -> '/tmp/syslinux_tmp.2rRWXE/syslinux'
Running: /tmp/syslinux_tmp.2rRWXE/syslinux -d syslinux -f -i /dev/sdc1 
done!
//NOTE// If your USB flash drive fails to boot (maybe buggy BIOS), try to use "syslinux -d syslinux -fs /dev/sdc1", i.e. running with "-fs".
kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$
kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$ sync
kubuntu@kubuntu:/media/kubuntu/GParted/utils/linux$ sudo sync

GParted Live on USBの完成.

最後にマウントを切って、電源断.

kubuntu@kubuntu:~$ df
Filesystem     1K-blocks     Used Available Use% Mounted on
/cow             2196200   957340   1123968  46% /
udev              762164       12    762152   1% /dev
tmpfs             154504     1132    153372   1% /run
/dev/sdb1        3377704  3345996     31708 100% /cdrom
/dev/loop0       1003776  1003776         0 100% /rofs
none                   4        0         4   0% /sys/fs/cgroup
tmpfs             772520       24    772496   1% /tmp
none                5120        4      5116   1% /run/lock
none              772520      152    772368   1% /run/shm
none              102400       20    102380   1% /run/user
/dev/sda8       63554760 15902460  44400832  27% /media/kubuntu/LinuxData08AUG14
/dev/sdc1        1952008   193900   1758108  10% /media/kubuntu/GParted
kubuntu@kubuntu:~$ sudo umount /dev/sdc1
kubuntu@kubuntu:~$ sudo umount /dev/sda8
kubuntu@kubuntu:~$ sync
kubuntu@kubuntu:~$ sudo sync
kubuntu@kubuntu:~$ shutdown -h now



続きを読む

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/08/15(金) 13:47:08|
  2. Linux

点滅する ThinkPadのWi-Fi LEDを止めたい

BLINKING Wi-Fi LED 


ThinkPad X32  に導入した  kubuntu 14.04
Wi-Fiを使っていないのに、点滅するLEDを止めたい.

** 要約 & 注意点 START **
検証に使ったモデルは ThikPad X32 2672-36I
Intel Pro/Wireless 2915ABG 仕様の端末である.
 
askubuntu というサイト内の情報を参考にし
Kubuntu14.04に /etc/modprobe.d/iwled.conf ファイルを作成
options  MODULE_NAME  led_mode=1   と案内された部分を
options       ipw2200            led=0     と設定して再起動すると
ThinkPad本体のWi-Fi LED点滅を止めることが出来たという内容である.
Lubuntu14.04でも同様の方法で点滅を止めることができたので
恐らく、Ubuntu14.04でも可能と思われる.
 
未検証だが
同じく、/etc/modprobe.d/iwled.conf ファイルに
Intel Centrino Wireless-N series 1xx, 1xxx, 2xx, 2xxx, 5xxx, 6xxx の場合.
  options iwlwifi led_mode=1
 
Intel Wireless series 3945(tested),4965 の場合.
  options iwlegacy led_mode=1
 
といった情報もaskubuntuサイトに挙がっている.
** 要約 & 注意点 END **



Wi-Fiインターフェースの確認

kubuntu@kubuntu:~$ iwconfig
irda0      no wireless extensions.

lo          no wireless extensions.

eth2      no wireless extensions.

eth3      IEEE 802.11abg  ESSID:off/any
            Mode:Managed  Channel:0  Access Point: Not-Associated
            Bit Rate:0 kb/s   Tx-Power=20 dBm   Sensitivity=8/0
            Retry limit:7   RTS thr:off   Fragment thr:off
            Power Management:off
            Link Quality:0  Signal level:0  Noise level:0
            Rx invalid nwid:0  Rx invalid crypt:0  Rx invalid frag:0
            Tx excessive retries:0  Invalid misc:0   Missed beacon:0

kubuntu@kubuntu:~$


現在のネットワーク状況を ifconfigで確認すると
有線接続のeth2無線(Wi-Fi)のeth3、そしてループバックlo3つが出力された.
 
ifdown でWi-Fiのインターフェース eth3をダウンさせる-->NG.
kubuntu@kubuntu:~$ sudo ifdown eth3
ifdown: interface eth3 not configured
kubuntu@kubuntu:~$
 
ifconfig
でWi-Fiのインターフェース eth3をダウンさせる-->ok.
kubuntu@kubuntu:~$ sudo ifconfig eth3 down


現在のネットワーク状況を ifconfigで確認すると
有線接続のeth2、ループバックlo2つが出力. Wi-Fiのeth3はダウン出来たがLEDの点滅は止まらない..
.
.
.
● askubuntuというサイトに、当方と同じ現象の投稿アリ
How to stop constantly blinking Wifi LED?
 
kubuntu@kubuntu:~$ lspci | grep -i wire
02:00.2 FireWire (IEEE 1394): Ricoh Co Ltd R5C552 IEEE 1394 Controller (rev 02)
02:02.0 Network controller: Intel Corporation PRO/Wireless 2915ABG [Calexico2] Network Connection (rev 05)
kubuntu@kubuntu:~$
kubuntu@kubuntu:~$ lsmod | grep -i ipw
ipw2200              136401  0
libipw                    33144  1 ipw2200
lib80211                14040  2 libipw,ipw2200
cfg80211             409394  2 libipw,ipw2200
kubuntu@kubuntu:~$
kubuntu@kubuntu:~$ ls -l /etc/modprobe.d/iwled.conf
ls: cannot access /etc/modprobe.d/iwled.conf: No such file or directory  <--- iwled.conf  は存在しなかった.
kubuntu@kubuntu:~$ ls -l /etc/modprobe.d/iw*
-rw-r--r-- 1 root root 347  4月 10 23:08 /etc/modprobe.d/iwlwifi.conf
kubuntu@kubuntu:~$

kubuntu@kubuntu:~$ cat /etc/modprobe.d/iwlwifi.conf
# /etc/modprobe.d/iwlwifi.conf
# iwlwifi will dyamically load either iwldvm or iwlmvm depending on the
# microcode file installed on the system.  When removing iwlwifi, first
# remove the iwl?vm module and then iwlwifi.
remove iwlwifi \
(/sbin/lsmod | grep -o -e ^iwlmvm -e ^iwldvm -e ^iwlwifi | xargs /sbin/rmmod) \
&& /sbin/modprobe -r mac80211
kubuntu@kubuntu:~$



● LED点滅を止める為の設定ファイル iwled.conf を追加

kubuntu@kubuntu:~$ sudo vi /etc/modprobe.d/iwled.conf
options   ipw2200   led=0
kubuntu@kubuntu:~$ ls -l /etc/modprobe.d/iw*
-rw-r--r-- 1 root root  22  8月 21 21:03 /etc/modprobe.d/iwled.conf
-rw-r--r-- 1 root root 347  4月 10 23:08 /etc/modprobe.d/iwlwifi.conf
kubuntu@kubuntu:~$
kubuntu@kubuntu:~$  sync
kubuntu@kubuntu:~$  sudo sync
kubuntu@kubuntu:~$  reboot
 
-----
kubuntu 再起動後に、Wi-Fi LEDが点滅しないことを確認.

...いちいち再起動しなくても、すぐに確認できる方法は?




テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/08/21(木) 23:23:23|
  2. Linux

分割された rar ファイルを結合する

Kubuntu 14.04.1 32bit_USBブート環境にて手間取った時のメモ

● /etc/apt/sources.list 内
main restricted universe 指定と
main restricted universe multiverse では、apt-get install rar にて導入されるモノが違う.

※ usb-creator-gtkにて作成したUSBブートスティック. Lubuntuのリポジトリは、デフォで multiverse 指定があるが、Kubuntuには無かった.
ftp://cdimage.ubuntu.com/cdimage/lubuntu/releases/14.04.1/release/lubuntu-14.04.1-desktop-i386.iso
ftp://cdimage.ubuntu.com/cdimage/kubuntu/releases/14.04.1/release/kubuntu-14.04.1-desktop-i386.iso


● 分割ファイルを結合する時には、ファイル指定にワイルドカードを使うな.
e.g. foo.part01.rar foo.part02.rar foo.part03.rar
$ rar e ./*.part0?.rar -----> NG.
$ rar e ./foo.part01.rar --> 結合ok.


● Kubuntu にて、正常にファイル結合できた時の rar バージョン.
kubuntu@kubuntu:~$ rar -? | head -3

RAR 4.20 Copyright (c) 1993-2012 Alexander Roshal 9 Jun 2012
Trial version Type RAR -? for help
kubuntu@kubuntu:~$

---
次は、ココも見とけ.
http://www.rarlab.com/



テーマ:インターネット - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/09/17(水) 23:23:23|
  2. Linux

最新記事

プロフィール

かば丸

Author:かば丸
機械設計からCAD/CAM/CAEのシステム管理に移り、何故かそっちが本業になり、現在、埃まみれの"スパゲッティ"を横目に、ネットワーク設定するニイチャン。
※本ブログに1~10まで丁寧に説明している記事はありません。 あれば、キーボードの隣にSUNTORYほにゃららがあったか、私の老化現象によるものでしょう。

カテゴリ内記事は昇順

未分類 (0)
Linux (7)
無線LAN (9)
Windows (9)
セキュリティ (3)
ネットワーク (1)
ハードウェア (1)

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。