かば丸のーと

PCやネットワークの設定メモ そして、日々の出来事など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Windows7 RC インストール

Windows 7 RC 32bit を /dev/sda2インストールする


今回インストールするPC:

MX4 (cpu: P4 2.26G, memory: 1.5G)

$ cat /proc/cpuinfo | grep Hz
model name    : Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 2.26GHz
cpu MHz        : 2413.898
$ cat /proc/meminfo | grep MemT
MemTotal:        1544292 kB

$ sudo fdisk -l /dev/sda

Disk /dev/sda: 320.0 GB, 320072933376 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 38913 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x000123bf

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1               1        1960    15743668+  17  Hidden HPFS/NTFS
/dev/sda2            1961        5225    26226112+  17  Hidden HPFS/NTFS  [Win7 RC Beta が入っている]
/dev/sda3   *        5226        7187    15759765    7  HPFS/NTFS  [現在 WinXP sp3 運用中]
/dev/sda4            7188       38913   254839095    5  Extended
/dev/sda5            7188        7197       80293+  83  Linux
/dev/sda6            7198        7357     1285168+  82  Linux swap / Solaris
/dev/sda7            7358       26940   157300416    7  HPFS/NTFS
/dev/sda8           26941       34995    64701756   83  Linux
/dev/sda9           34996       38913    31471303+  17  Hidden HPFS/NTFS
$

fdiskの結果より、sda2の容量は...
8225280 bytes  x  (5225-1960) / 1024 / 1024 / 1024  =   25G
sda2の使用量は...
$ du -sm /media/Win7_b7000  (Enter入力後、しばらく待つと)
5869    /media/Win7_b7000  つまり、5869Mbytes  =   5.73G 使用
[このコマンド処理で合っているか?]

メモを見ると、2009/01/10 sda2 に Windows7 Beta 32bit #7000 をインストとある。
今回、同じパーティションに Windows7 RC 32bit #7100 を新規インストする。


インスト前準備:

MBRのバックアップ

$ sudo dd if=/dev/sda of=/media/USB256/MX4_20090530.mbr bs=512 count=1
1+0 records in
1+0 records out
512 bytes (512 B) copied, 0.00751252 s, 68.2 kB/s
$
MBR戻す時には、パーティションテーブル等(64+2 bytes)を上書きしないよう bs=446 にする。

● インストするパーティションのフォーマットとラベリング (操作するパーティションは必ずアンマウント)
e.g. Ubuntu 9.04 Desktop 日本語 Remix CDにて /システム/システム管理/パーティション・エディタ と選択すると GParted 0.4.3 が起動する。 (OSインスト処理内でもフォーマットは出来る)

● ブートフラグを /dev/sda2 へ変更

● インスト時に認識させたくないFAT32/NTFSパーティションの秘匿化

● OSインストール中のMBR書き換え許可

設定例:
Phoenix - Award BIOS/Advanced BIOS Feaures にて
Virus Warning Enabled を Disabled変更
OSのインストが終わったら、必ずスグに元の Enabled 戻すこと。

BIOS設定を標準に戻す (e.g. CPUクロックアップをしている場合)

● Boot Device 優先順位の変更 (e.g. HDDより先にCD/DVDをboot)

● 不用な周辺機器(特にUSB周り)を外す (e.g. プリンタやスキャナ、CCDカメラなど。USBで保温するホットコースターとか絶対に外すこと。)
有線LANはリンクを張っておくが、ルーターのWAN側ケーブルは外して、インスト時に無用なアクセスがないようにした。


Windows7 RC 32bit #7100 のインストール:

● Win7 RC インスト 1回目 NG.

DVDからブートせず停止

Verifying DMI Pool Data ............
Boot from CD : CDBOOT: Could't find BOOTMGR

BOOTMGR is missing
Press Ctrl+Alt+Del to restart
_ (カーソル点滅)


isoファイルの sha1 を確認したが
308052B331C79A8E8BF1B12AD932CCF21175871B で合っている。

一度、B's Recorder GOLD 8.51 にて、このメディア--TDK DVD+RW 4x--を高速消去ではなく
標準消去 し、再度isoを焼き込むと、きちんと認識しインスト処理が始まった。

● Win7 RC インスト 2回目 OK.

DVDブートからインスト終了まで 28分
(DVDドライブはRead_Max 16x)

● インスト直後のハードディスク使用領域など、簡単な確認

使用領域: 8.09GB
空き領域: 16.9GB

> net start
次の Windows サービスが開始されています:

Application Experience
Application Information
Background Intelligent Transfer Service
Base Filtering Engine
CNG Key Isolation
COM+ Event System
Computer Browser
Cryptographic Services
DCOM Server Process Launcher
Desktop Window Manager Session Manager
DHCP Client
Diagnostic Policy Service
Diagnostic Service Host
Diagnostic System Host
Distributed Link Tracking Client
DNS Client
Function Discovery Provider Host
Function Discovery Resource Publication
Group Policy Client
HomeGroup Provider
IP Helper
Microsoft .NET Framework NGEN v2.0.50727_X86
Network Connections
Network List Service
Network Location Awareness
Network Store Interface Service
Offline Files
Peer Name Resolution Protocol
Peer Networking Grouping
Peer Networking Identity Manager
Plug and Play
Power
Print Spooler
Protected Storage
Remote Procedure Call (RPC)
RPC Endpoint Mapper
Security Accounts Manager
Security Center
Server
Shell Hardware Detection
Software Protection
SSDP Discovery
Superfetch
System Event Notification Service
Task Scheduler
TCP/IP NetBIOS Helper
Themes
UPnP Device Host
User Profile Service
Windows Audio
Windows Audio Endpoint Builder
Windows Defender
Windows Event Log
Windows Firewall
Windows Management Instrumentation
Windows Media Player Network Sharing Service
Windows Search
Windows Time
Windows Update
WinHTTP Web Proxy Auto-Discovery Service
Workstation

コマンドは正常に終了しました。

> net localgroup Administrators
エイリアス名 Administrators
コメント コンピューター/ドメインに完全なアクセス権があります。

メンバー

-------------------------------------------------------------------------------
Administrator
hoge
コマンドは正常に終了しました。

インスト中に作成したユーザー名--今回は hoge--は Usersグループではなく
Administratorsグループに入るので、名付けに注意。

Virus WarningEnabled戻す

● Win7 RC インスト完了.


参考:
日経BP  ITpro  Windows 7の日本語RC版をインストールしてみた
日経TRENDYnet  Windows 7 RC版、新機能からインストール方法までを徹底解説
@IT--MBR(マスターブートレコード)をバックアップするには
UNIX USER 2002.1月号 P64 ブートシェルGRUBをマスターしよう!  西田 亙  氏の記事

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:Windows 7 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/05/31(日) 12:15:07|
  2. Windows

Vista Home Premium のパスワード有効期限

MSからの定例外のセキュリティ アップデートを掛けてみた。
いつもそういった処理の後、確認の為 MBSA で漏れがないか見るのだが
前から気になったいた
" すべてのユーザー アカウント のパスワードが無期限のパスワードです " のチェックをしてみることにした。


MBSAスキャン結果



修正方法 をクリックすると...

Vista パスワードの有効期限の修正方法



手順 にあるように
Win-R/control/管理ツール を開くと、肝心の項目無い

Vista Home Premium には、ローカル セキュリティ ポリシーがない



いや、無いということはないだろう、と調べてみると
Vista Home Basic / Premium にはその制御項目が外されているというトピックが出てくる。

... コマンドを叩いてみる

> net user Administrator
ユーザー名                           Administrator
フル ネーム                         
コメント                             コンピュータ/ドメインの管理用 (ビルトイン アカウント)
ユーザーのコメント                  
国コード                             000 (システム既定)
アカウント有効                       Yes
アカウントの期限                     無期限

最終パスワード変更日時               2008/05/12 2:08:22
パスワード有効期間                   無期限
パスワード次回変更可能日時           2008/05/12 2:08:22
パスワードあり                       Yes
ユーザーによるパスワード変更可能     Yes

ログオン可能なワークステーション     すべて
ログオン スクリプト                 
ユーザー プロファイル               
ホーム ディレクトリ                 
最終ログオン日時                     2009/07/29 15:30:54

ログオン可能時間                     すべて

所属しているローカル グループ        *Administrators      
所属しているグローバル グループ      *None                
コマンドは正常に終了しました。


パスワード有効期間は "無期限" と 出力される。 他のユーザーも同じ設定値を返してきた。


> net accounts
強制ログオフまでの時間 (分):                              しない
パスワード変更禁止期間 (日数):                            0
パスワード有効期間 (日数):                                42
最小パスワード長:                                         0
使用できない旧パスワード数:                               なし
ロックアウトしきい値:                                     しない
ロックアウト期間 (分):                                    30
ロックアウト監視ウィンドウ (分):                          30
コンピュータの役割:                                       WORKSTATION
コマンドは正常に終了しました。


net accounts で返ってくる パスワード有効期間日数  42日 というのは何だろう
この日数経ったら、パスワードの変更が促されるような気がするのだが
今まで、XPや、2kの時は、確かに、定期的に変更していたがー--- そう!

Win2k--- あの "おまじない" のようなコマンドは何だったか
以前、色々とお世話になったサイトに繋ぐ

Windows.FAQ - ウィンドウズ処方箋
FAQ/Windows2000/トラブル/起動と終了/ Windows 2000 / XP に自動ログオンするには?

rundll32 netplwiz.dll,UsersRunDll

[  Linux で おまじない みたいなもの?   echo -e \\033c  ]


久しぶりというか、叩いてみた


Win2k ユーザーとパスワード



--高度なユーザー管理--  [ 詳細(V) ]  を クリックすると...

Win2k ローカル ユーザーとグループ



そう、この項目を出したい
Vista でこの  rundll32 netplwiz.dll,UsersRunDll  は通るのか?

通りました
( control userpasswords2 でも良い )

Vista ユーザーアカウント 詳細設定


Win2k の時の " 高度なユーザー管理 " から 『 ユーザー管理の詳細設定 』 に変わってます。

さて、ここで [ 詳細設定(V) ] をクリックすると、あの項目が出てきてくれるのか
( lusrmgr.msc でも良い )


Vista ローカルユーザーとグループ



Vista Home Premium では、どうしても変更できませんか...
regedit で中に入っても変更不可?




ちなみに、Windows 7 RC (build 7100) では、このようになった



Windows 7 RC #7100 にて、パスワードの有効期限の項目 チェックボックス


# RTM (build 7600) は来月6日から段階的にMSDN, TechNet、MS_Connect 向け配布が始まる。

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/07/30(木) 06:50:00|
  2. Windows

Windows 7 にて Administrator の 有効化

*** Windows10 Technical Preview版での話しはこちら ***


Win7 RC (#7100) にて
Administrators グループに所属しているのに
あるコマンド内の処理が通らなかったのでメモ


runasコマンドでError_1327_ログオン失敗


パスワードを あえて誤入力すると  1326: ログオン失敗~  と出る。


Adminのアカウントは有効ではない状態


Administrators に所属するユーザーにて
Administrator のアカウントを有効化できない
ので
セーフモードにて実行 --> 有効化 OK.
わざわざ、セーフモードに入らなくても
メニューの [コマンドプロンプト] 上で、右クリック => 管理者として実行(A).. --> 有効化 OK.
[ 20091109_1509 追記 ]


runasにてAdministratorでのコマンドプロンプト起動OK


完了.


# このプロンプト内で MS Office2010 TP の rearm 可否確認.


参考:
Windows DOS/コマンドプロンプト辞典  P196-197  /  飯島 弘文 著  /  翔泳社


続きを読む

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/10/26(月) 16:43:16|
  2. Windows

MS Office 2010 TP Rearm

Win7 RC #7100 上の Office2010 TP  rearm  可否検証


MS_Office2010_TPライセンス認証ウィザード期限A




● 以下のサービスを停止
e.g.  > sc stop osppsvc

MS_Office2010_ライセンス認証関連サービス



● 以下のファイルを Admin で実行

OSPPRUN.EXEのフルパス



● 新しく出てきたプロンプト内にて 0番で表される SkuID を確認
> ?  [Enter]  すれば、利用できるコマンド一覧が出力される

OSPPRUNコマンドにて最初の処理

Initialize や Open 時  "Error code hr = 0x80070005,"
Open 時  "Error code hr = 0x8007043C,"  と出ている場合は
Admin で ospprun していないと思われる



AppID の確認

AppIDの確認



● 現状確認

rearm 前のステイタス

RearmCount  0  は、今までの rearm 実行回数
RemainingRearmCount 5 は、残り 5rearm できる事を示している



rearm の実行
> Rearm  AppID  SkuID  Flag  [Enter]

MS_Office2010TP_rearmの実行

最初のエラーは、Flagの 1 を入力し忘れたもの
Rearm 時、 " You must re-install the OS before trying to re-arm again. "  等が出力されても気にする必要なないと思われる. OSの再インストも必要ナシ、Office2010 TPのrearm処理も出来ている.



● SL を閉じる

> Close

 My Digital Life の 記事 では
Close 後、 Initialize, Open し
GetLicensingStatus  AppID  SkuID  [Enter]  で、dwGraceTime 値 などを確認している.



● rearm 後の状況確認

rearm 後の状況

RemainigRearmCount  が以前の 5 から一つ減り 4 になっている.
来月には Public Beta 版 リリース予定だが、このままこの版を利用したいなら
4 x 30 = 120日 利用は可能である



● OSPPRUN 終了

> quit
Bye-Bye





rearm後のライセンス認証ウィザード画面



● 終了.

OSだけでなく、Officeにも rearm という評価期間延長の仕組みがあることを確認.


参考:
PCfan 2007.08.01 号 P43  /  毎日コミュニケーションズ


テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/10/28(水) 01:08:24|
  2. Windows

Windows7標準のブートローダーのみでWindows7 トリプル起動制御できるのか

Windows7_boot_GAMEN



150GB程のHDDを3つに切って最初のパーティション/dev/sda1から順番に
sda2, sda3とWindows7 Pro sp1 64bitをインストールしていく.



3partitions


確認したい事:
1. Windows7標準のブートローダーのみで3つのWindows7を起動制御できるのか? --> Yes.
2. 一つのOSをPCにインストールする時と同じように、インスト途中の再起動が掛かってもインストDVDをドライブに入れたままで問題ないか? 入力が必要な時は、インストール処理が止まって待っててくれるか? --> Yes. (つまりは、トリプルブート環境にする為に、PCの前にべったりいる必要はない)
3. XPの時はboot.iniを編集してそれぞれのOS表記を編集していたが、Window7も同じやり方でいいのか? --> No.


Windows7 では、boot.iniではなくbcdeditを使わないといけないようだ.

先ずは、現在の システム構成/ブート情報の確認 --> msconfig


msconfig_First_GAMEN


導入した全てのWindows7 が同じ表記になっている.

これを、それぞれどのパーティションから起動されたものか分かるようにする.


cmd-exe_bcdedit_AdministratorsGRP_NG


Administratorsグループに所属している"USER3"でもダメなようなので
"Administrator"そのものにて処理する.
[コマンド プロンプト] メニューの上で、右クリック --> 管理者として実行(A)...


cmd-exe_Admin-KIDOU


先ずは、現在のBCDストア内容確認.


cmd-exe_Admin_bcdedit_First_GAMEN


1つの "Windows ブート マネージャー" 情報と
3つの "Windows ブート ローダー" 情報が返された.

"Windows ブート マネージャー"の deviceがpartition=D: となっているので
この端末で言えば、HDD内の/dev/sda1 にあるのだろう.

さて、3つの "Windows ブート ローダー" 情報
それぞれのidentifierは

{current}
{****46fa-****-****-****-************}
{****46f6-****-****-****-************}
(ちなみに****でマスクしたUUIDはそれぞれ同じ値である. currentのresumeobject UUIDは
****46fd- snip)



では、早速それぞれのOS表記を編集していこう.
コマンド処理は

> bcdedit /set {UUID} description "各パーティション内OSを区別する為の名前" [Enter]

fix-boot-menu-with-bcdedit

※ {current} の所は、そのresumeobjectに表示されている本来のUUIDを省略できた.
本来のUUIDは resumeobjectに表示されているものではない. 2014/10/05_02:03修正__詳しくは下方の追記を参照 

UUIDのタイプミスを防ぐ為、最初に bcdeditの結果をテキストファイルにリダイレクションしている.
(コマンド入力時、そのテキストファイルを開き、UUIDをカット&ペースト)


---
bcdeditで返される identifier値     ※2014/10/05_02:03__詳しくは下方の追記を参照
今回は、msconfigのbootタブにて出てくる
"現在のOS" と "既定のOS" が同じパーティションを示している状態
[Windows 7 (C:\Windows) : 現在の OS; 既定の OS] となっていたので、UUIDを確認しやすかったが
Windowsトリプルブート以上の環境にて"現在のOS" と "既定のOS" が同じパーティションを示していない場合は

"現在のOS" --> identifier {current}
"既定のOS" --> identifier {default}

となるので注意が必要.
msconfigのbootタブ内にて、"現在のOS"でも "既定のOS"でもないところは
identifier {****-****-****-****-************}
と表示される.



GRUB 2.02b2_UUID

この端末をGRUB2-USBスティックでブートした時の、それぞれのUUIDと
bcdeditで返されるUUID値が重なるところはなかった.
---

.
.
.
最後に編集が反映されている事と
選択したOS環境がきちんとブートすることを確認.


FIXED-BOOT-MENU




参考:
MS本家情報より...「ブート構成データ エディタに関してよく寄せられる質問
@IT...「bcdeditでVista/Windows Server 2008のブートOSメニューを変更する

続きを読む

テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/10/03(金) 23:23:23|
  2. Windows

Windows10 の Admin有効化


After-Active-Admin__login-GAMEN00   After-Active-Admin__login-GAMEN



Windows10 インストール時に作成したアカウントにて loginし
コマンドプロンプト メニューの上で右クリック --> 管理者権限で起動.


CommandPrompt--00



CommandPrompt--01


途中、UAC 確認画面が出る


UAC_GAMEN



Administrator有効化と同時に パスワード設定を行う.

> net user Administrator * /active:yes [Enter]
入力したパスワードは忘れなきよう.

Act-Admin



logout(Sign out)し、Administrator にて login

Hi

女心と秋の空. 変わる画面を眺めつつ Adminログイン完了.


テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/10/12(日) 17:00:00|
  2. Windows

Windows10 TPx86/64のデュアル環境の後にWin7インスト


Windows10 TPx86/64 boot-menu



現在は
Windows10 Technical Preview x86 と x64のデュアル環境で問題なく利用できている端末
Win10TPx86は /dev/sda1に
Win10TPEx64は /dev/sda2にインストールされている.

このHDD内 /dev/sda3Windows7 Pro sp1をインストールし
Windows標準のブートローダーのみで、3つのOSを切り替えできるか確認したい.
(最新のWindowsが稼働しているHDDに、後から旧世代のものを入れて
ブート環境がややこしい事にならないか確認する. なった場合はGRUBで切り替える)


150GB_3partition



念の為、現行のBCDシステムストアをバックアップ
(bcdeditコマンドにて Windowsブートマネージャーのdeviceとして表示された/dev/sda1のOS上でバックアップした)


BCD_SystemStore_Backup



Windows7 Pro sp1 のインストール


Windows7-Install-Start-GAMEN



Windows7 Pro sp1をインストールするバーティションの指定
(GPartedでNTFSフォーマット済みだが、Windowsインストーラーにて再フォーマットしている)


Windows7-Install-Partition


Windows7-Install-SHORI-start

「 レ Windows ファイルのコピー中」画面に切り替わったら
べったりPCの前にいる必要がないので席を外す(今回、USBではなく、DVDからインストしている)
.
.
.
1〜2時間席を外しても
以下のユーザー名とパスワード設定の画面で止まって待っていてくれる

5_Windows7-Install-UserName-First-SETTEI_a.png
.
.
.
/dev/sda3 に正常に Windows7 インストール完了.


Windows10の時のようなモダンな画面ではなく
シンプルなOS選択画面に変わったが
特に問題なく、3つのOSの切り替えok.


Win10TPx86-x64_Win7-Boot-menu



OS選択画面に
表示される名称: bcdedit /set {UUID} description "名称 "   [Enter]
デフォルトで起動するOS: bcdedit /default {UUID}  [Enter]
タイムアウト値: bcdedit /timeout 秒数値  [Enter]
そして、
OS選択画面に表示されるOS表記の順番を変更する: bcdedit /displayorder {1番目UUID} {2番目UUID}  [Enter]


Boot-menu-SYUSEI



Boot-menu-SYUSEI_with_bcdedit




今回 /dev/sda3に入れた Windows7はデフォルト起動ではない.
他のWindowsを利用中で、一時的にWindows7に切り替えたい場合は

> bcdedit /bootsequence {Win7のUUID}  [Enter]

そして、リブートすれば良い.
(OS選択画面が出るまで、待つ必要はない)

利用後は、またデフォルト設定しているOSからブートする.



参考:
マイクロソフトTechNet「BCDEdit のコマンド ライン オプション
@IT 「bcdeditでブート構成情報をバックアップ/リストアする
@IT 「bcdeditでブート・メニューの表示順序やデフォルトを変更する



続きを読む

テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/10/13(月) 23:23:23|
  2. Windows

Windows 10 Insider Preview 再インストール


Win10_IP_b10240_再インスト前の認証状態 Win10_IP_b10240_再インスト後の認証状態


Windows 10 テスト機、Technical Preview から Windows 10 Insider Preview と運用してきたが
Build_10162をクリーンインストした辺りで認証から弾かれてしまった.
Build_10240へのアップデートは掛かったが、認証が通らない状態が続いているので、一旦 Build_10074で認証を通し、検証を続けたい.
(IP向け認証サーバーが再開してくれれば、本内容は無用)



Win10_IP_b10240_再インスト前_認証エラー値


※ 以下、本来必要の無い処理も含む


#1/7   Win10 IP Build_10074の ESDファイルをISOへ変換する

Windows 10 Build 10074 ESD and ISO Files


Windows ADK for Windows 10 導入後、ESD to ISO にて変換
ESDファイル名にある連続した16進は、当該ファイルのsha1値である



#2/7   MSアカウントのデバイス一覧から (念の為)再インストする端末を削除



#3/7   Windows 10 Insider Preview Build_10074 インストール

Windows 10 インストール時のシステム領域サイズ変更

インストールの種類は カスタム
インストールの場所を指定する画面にて、約100Gのプライマリパーティション(/dev/sda1)を一旦[削除]し、[新規]、そして[拡張]でシステム領域を512MBに変更. (これで Win10システム領域/dev/sda1が512MB, Win10本体が入る/dev/sda2が100.5Gと、元々の/dev/sda1が2つのプライマリパーティションに分割される)
インスト処理画面でのMSアカウント作成はskip


ESD内_10074向けgeneric_keyでは認証が通らない

ESDから生成したISOからインスト処理中、プロダクト キー (〜HQRJR)の入力は行っていない




#4/7   Build_10074 新generic key にて認証処理

プロダクト キー (〜YKHCF)を入力

Build_10074向け新generic keyで認証処理




> slmgr /dlv  [Enter]

Build_10074認証後_slmgr_dlv画面

Build_10074認証後、アカウントをpinでloginと変更としたら、10240適用後
"pin入力後Enterしないとloginできない"
"pinでそのアカウントがloginできない" 端末が出てきた.
10240適用前10074端末は、一つのMSアカウントのまま素に近い環境にしておく




#5/7   認証済み Build_10074端末をMSアカウントに紐付け

Win10-IP-10074紐付け後もこのメニュー呼称のまま

Build_10162の時は、MSアカウントIDのメアドに届いたcodeを入力--> 紐付け後
[ Microsoft アカウントを更新する ] のところに
[ Microsoft アカウントの管理 ] というメニューがあり、選択すると、デバイス一覧にその紐付けした端末が出てきたと思うのだが、再起動を数回行い、しばらく待っても変化なし--> この状態でBranchName変更処理を行うことにする




#6/7   BranchNameを TH1 へ変更

BranchNameをTH1へ変更

fbl_impressive を TH1 へ変更する

再起動--> Windows Update

TH1ダウンロード画面

Build_10240 DL中、スリープに入って エラー0x80240017 になった端末があった. "スリープなし" にして再度Windows Updateを掛けると問題なく10240適用してくれたが、10240 DLは最初からやり直しとなったので、以後大きなビルド適用時には 常に電源onで




#7/7   認証の確認

Win10_IP_Build_10240_認証確認

プロダクト キー (〜3V66T)の入力は行っていない




> slmgr /dlv  [Enter]

Win10-IP-10240-slmgr_dlv



何故か、オプトアウトされている状態になっていた

何故か既にオプトアウトされている状態



Special Thanks:
スラド 「Windows Insiderプログラム参加者にWindows 10ビルド10240の配信が始まる」 headlessさんの投稿記事

---
以上.


続きを読む

テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/08/15(土) 22:50:00|
  2. Windows

Win7/8 デュアルから Win7/10 デュアル環境へ


Win7and8-to-Win7and10_boot_os_list



Win7and8--resize-patition-Win7and10_With_GParted


現在の
Windows 7 Pro と Windows 8.1 Proのデュアルブート環境を
Windows 7 Pro と Windows 10 Pro(Win10_IPのオプトアウト版) デュアル環境へ変更したい.




#1/8    Win10インスト前準備

Win7のシステム予約領域(/dev/sda1) の縮小
Win7本体領域(/dev/sda2) をそのまま前方に移動
Win7起動確認 --> 状態: 0xc0000225 にて NG --> (試しに)Win10_IP_10074インストcdで [スタートアップ修復] --> NG.
 --> Win7インストcdで [コンピューターを修復する] --> ok.

Win7システム予約領域(WinRE)縮小後_起動不可_0xc0000225



Win7起動不可_0xc0000225状態をWin10cdでブートして修復できるかの確認01

Win7起動不可_0xc0000225状態をWin10cdでブートして修復できるかの確認02



Win7起動不可_0xc0000225状態をWin7cdでブートして修復できるかの確認01

Win7起動不可_0xc0000225状態をWin7cdでブートして修復できるかの確認02

Win7起動不可_0xc0000225状態をWin7cdでブートして修復できるかの確認03

Win7_コンピュータ修復後のOS選択画面



bcdedit /v にて現状確認
bcdedit /set {表示名を変えたいOSのUUID} description "新たなOS表示名"  [Enter]   *ここで (回復済み) 表記を編集
bcdedit /default {デフォルトで起動させたいOSのUUID}  [Enter]   *この辺りは msconfig --> [ブート]タブからやった方が簡単
bcdedit /timeout 3  [Enter]    *3秒間 OS起動選択メニューを表示させる. ここも msconfigからが簡単か
残すOSがデフォルト起動することを確認(今回はWin7)

デュアルブートにて残す方のOSがデフォルト起動する環境にする_確認後他方のOS_UUIDを削除を

bcdedit /delete {不用なOSのUUID}  [Enter]
Win8本体領域(/dev/sda3)を削除し、Win10を導入する領域確保
パーティション操作後、Win7単独で正常起動することを確認
( bcdeditの使い方は 百均ノート 2014/10/13 のメモを見よ )

※ パーティション操作は全て、 SystemRescueCd 内のGParted にて行った




#2/8    Windows 10 Insider Preview Build_10074 インストール (ESDから変換したISOより)

前回同様、 インスト処理中の「Windows のインストール場所を選んでください」画面にて
Win10をインストする領域(/dev/sda3)を一旦[削除]->[新規]->[拡張]と進んでシステム領域を任意に設定したかったが
[拡張]がグレーアウト状態で選択できなかった. やり方が悪かった?
結局、後方にその領域が自動生成されていたが
Build_10074インスト時なのか、10240適用時なのか未確認

Win10用システム予約領域_dev-sda4の中身  
Build_10074 インスト中のMSアカウント入力はskipして、ローカルアカウントでインスト処理を進めた
Build_10074 環境内での各種設定変更は止めておく. 10240適用後に行えば良い




#3/8    Build_10074の認証を通す

旧generic key(〜HQRJR) では通らないので、新generic key(〜YKHCF) で処理


> slmgr /dlv  [Enter]

Win10_IP_10074_旧keyでは認証が通らない



Win7_IP_10074_新key入力



> slmgr /dlv  [Enter]

Win10_IP_10074_認証確認ok


評価期間の終了日
: 2015/10/02 8:59:59
つまりは、このやり方で認証できる期間はそんなに長くない




#4/8    認証済み Build_10074端末をMSアカウントに紐付け

初回 10074インスト時は ローカルアカウント でインスト処理を行い
10074認証後、紐付け処理した




#5/8    BranchNameを TH1 へ変更

regedit --> HKEY_LOCAL_MACHINE/SOFTWARE/Microsoft/WindowsSelfHost/Applicability
以下の2ヶ所のデータ値を fbl_impressiveから TH1 へ変更する
  BranchName
  UserPreferredBranchName

"電源のスリープ" --> 常時電源を供給できる状態にし、スリープにも入らない設定にしておく
( TH1 Professional 10240 DL途中にスリープモードに入り、エラー0x80240017が出て、また最初から DLやり直したケースがあった為)
デフォでは、電源に接続時でも 30分でスリープ状態

Win10_IP_10240適用前にスリープしない設定にしておく




#6/8    Win10 IP Build_10074 から Build_10240へUpdate

BranchName変更後、再起動--> Windows Update

Win10_IP_TH1_選択したブランチは〜_気にする必要な無い



利用できる更新プログラムの中に、 TH1 Professional 10240 が確認できる

WinUpdate_TH1_Professional_10240の表記




#7/8    Win10 Build_10240 認証確認

今回も、Build_10074の認証が継承され、プロダクト キー(〜3V66T) の入力は必要なかった
また、同様に、Insider Previewからオプトアプトした状態になったが
このまま 2015/09/17 以降も、利用期限の警告も出ないまま使い続けることができるか、現時点では不明である




#8/8    Win7/Win10 デュアル起動確認

元々のWin7及び、Windows 10pro (IPオプトアウト版)がそれぞれ問題なく起動できることを確認

---
以上.

続きを読む

テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/08/24(月) 10:10:00|
  2. Windows

最新記事

プロフィール

かば丸

Author:かば丸
機械設計からCAD/CAM/CAEのシステム管理に移り、何故かそっちが本業になり、現在、埃まみれの"スパゲッティ"を横目に、ネットワーク設定するニイチャン。
※本ブログに1~10まで丁寧に説明している記事はありません。 あれば、キーボードの隣にSUNTORYほにゃららがあったか、私の老化現象によるものでしょう。

カテゴリ内記事は昇順

未分類 (0)
Linux (7)
無線LAN (9)
Windows (9)
セキュリティ (3)
ネットワーク (1)
ハードウェア (1)

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。