かば丸のーと

PCやネットワークの設定メモ そして、日々の出来事など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

La Fonera+ (FON2201)のプライベート側APを秘匿化する

root@OpenWrt:~# vi /lib/fon/config.sh
.
config wifi-iface private にある
option hidden   0

この " 0 " を " 1 " に変更してrebootする。

FON2201起動後、しばらくはパブリック側も隠れてしまうが
直にプライベート側のみhiddenされる。

スポンサーサイト

テーマ:通信・回線・サーバー - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/05/17(日) 23:56:04|
  2. 無線LAN

La Fonera+ (FON2201)へ アドオンFreeWLAN 導入NG.. あなたは? その1

FON2201初期化(FON本体裏リセットボタンにて)

● 先ずはFON本体内の設定が全てリセットされるので、現在の設定をメモ
例えば..$ xwd > FON01.xwd  ( そして、GIMP 2.4.7 でPNG形式に変換。)

InternetからFON本体を切断し、裏のリセットボタン15秒ほど長押しで初期化
( WIRELESS ランプが消えた辺りで、ボタンから手を離した。)
本体裏リセットボタンを使った初期化は
本体購入時に同梱されていた、"FONルーター La Fonera+ かんたんセットアップガイド" のQ&Aや、FreeWLANの Before installing the add-ons を参照。
FreeWLAN導入完了まで、必要ない限りInternetからFON本体を切断したままにしておく。接続し、そのままの状態で放置していると、FreeWLAN導入途中で、FON本家版ファームウェア自動アップデートが掛かってしまう恐れあり。

● FON本体へLANポートから接続し、状況確認
ブラウザより192.168.10.1/24 or 169.254.255.1/16 でアクセス。初期ID、P/Wは共に admin 。ファームは 1.1.2r1 から 1.1.0r2 になっていた。


さて、ここからどうやって
FreeWLAN パッケージ fwlan094-2201.tgz を本体の /tmp へ流し込むかは
次回...



その他:
xwdはどのパッケージから提供されている?
$ which xwd
/usr/bin/xwd
$ dpkg --search /usr/bin/xwd
x11-apps: /usr/bin/xwd

$ dpkg --list | grep x11-apps
ii  x11-apps                             7.3+4                              X applications
$ dpkg -L x11-apps | grep bin/ | wc -l
23



 参考:
http://trac.freewlan.info/
http://wiki.fon.com/wiki/FreeWLAN/ja

テーマ:通信・回線・サーバー - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/05/20(水) 20:53:05|
  2. 無線LAN

La Fonera+ (FON2201)へ アドオンFreeWLAN 導入NG.. あなたは? その2

FON2201sshアクセス出来るようにする (Unlocking)

Unlockingには2つの方法International fon wiki に紹介されている。
方法1: How To Unlock The Fonera+ - Method 1 ( HowTo Foneraplus unlocking/en )
方法2: How To Unlock The Fonera+ - Method 2 ( HowTo Foneraplus unlocking2 )


今回は、簡単な 方法2 で行うことにした。
( 方法1 でやった顛末は後日... )

方法2 での FON2201 Unlocking 手順:

2201-unlocking.zip をダウンロードし、解凍、実行権を与える

$ du -b 2201-unlocking.zip
2436020    2201-unlocking.zip
$ md5sum 2201-unlocking.zip
f8ad7fc23d56b95ccb9f90637a1ac531  2201-unlocking.zip

FON2201 WAN側はInternetに接続、LAN側はPC ( 今回は Debian 5.0.1 を使用 ) を接続
※ firmware は 1.1.0r2 or 1.1.1r1 の状態で接続した。Outboundも細かくきっちり設定しているなら、PC側に設定している Firewall は一時的に切っておいた方が良いかもしれない(トラブル時の切り分けの為)。大事なデータがある場合は、CD/DVD/USBブートのLinuxをお薦めする。
また、無線機器全般に言える事だが、設定時に無用な接続も無いとは限らないので、アンテナは外しておこう。( 電波出力が可変できるものは、必要最低出力に。)

FON2201 LANポートにPCの eth0 で接続されていることを確認

● LAN接続のPCから、ブラウザで 192.168.10.1 or 169.254.255.1 へアクセスし、パブリック側のSSIDを FON_UNLOCK に変更

● ./2201-unlocking eth0 の実行

FON2201本体の電源を落としすぐさま(e.g. 2秒後に)電源ON! ( Power Recycle method )

● 電源投入後、暫くしたら(約2~3分) POWER と WIRELESS LEDが交互に点滅するようになるので、それを確認後、再度 FON2201電源OFF、すぐさま電源ON! ( 2回目の Power Recycle method )

Unlocking 例:


$ sudo ./2201-unlocking eth0

Fonera+ FON2201 unlocking
Credits : Sven-Ola / Freifunk

Connecting to FON2201...
Peer MAC: 00:18:84:xx:xx:xx
Peer IP : 192.168.1.1
Your MAC: 00:ba:be:xx:xx:xx
Your IP : 192.168.1.0
Setting IP address...

Loading RAM-boot image...
Sending RAM-boot image, 8576 blocks...

Done. Booting...
Wait POWER and WIRELESS are blinking, then reboot


● FON2201 が立ち上がり、全てのLEDがグリーンになったら、FON本体にssh ログイン出来ることを確認

確認例:

$ ssh -l root 169.254.255.1
root@169.254.255.1's password: admin


BusyBox v1.4.1 (2007-06-18 20:30:16 UTC) Built-in shell (ash)
Enter 'help' for a list of built-in commands.

  ______                                           __     
 /\  ___\                                         /\ \    
 \ \ \__/  __     ___      __   _ __    __        \_\ \___
  \ \  _\/ __`\ /' _ `\  /'__`\/\`'__\/'__`\     /\___  __\
   \ \ \/\ \L\ \/\ \/\ \/\  __/\ \ \//\ \L\.\_   \/__/\ \_/
    \ \_\ \____/\ \_\ \_\ \____\\ \_\\ \__/.\_\      \ \_\
     \/_/\/___/  \/_/\/_/\/____/ \/_/ \/__/\/_/       \/_/

--------------  Fonera 1.5 Firmware (v1.1.0.2) -----------------

           * Based on OpenWrt - http://openwrt.org
         * Powered by FON - http://www.fon.com
      -----------------------------------------------------
root@OpenWrt:~#

root@OpenWrt:~# df    
Filesystem           1k-blocks      Used Available Use% Mounted on
tmpfs                      512         0       512   0% /dev
/dev/mtdblock4            4032       384      3648  10% /jffs
/jffs                     1536      1536         0 100% /
root@OpenWrt:~#


● FON2201 sshアクセス化 完了.

パブリック側SSIDを元に戻すことを忘れずに。
La Fonera+ のステイタス ( Router Status ) にて、ちゃんとFONに登録しているのに
" !   Click here to register your La Fonera+ " ....
root@OpenWrt:~# echo 1 > /etc/config/registered  とすれば、元の
" OK   Your La Fonera+ has been registerd successfully! "  になります。


参考:
FreeWLAN日本語解説サイトにある、Unlock の方法1, 方法2 へのリンク 章
4.2 ラ・フォネラ+
電波法に則った無線LAN出力など詳しい話  RFワールド No.3 (トランジスタ技術 2008.9月号増刊) / CQ出版社


テーマ:通信・回線・サーバー - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/05/22(金) 21:44:24|
  2. 無線LAN

La Fonera+ (FON2201)へ アドオンFreeWLAN 導入NG.. あなたは? その3

FON2201 へ アドオン FreeWLAN 導入

FON2201向け FreeWLANパッケージ fwlan094-2201 を scp で FON本体の /tmp に流し込み、展開したら、インストール終了である。

FreeWLANパッケージ fwlan094-2201.tgz の ダウンロード

$ du -b fwlan094-2201.tgz
1063650 fwlan094-2201.tgz
$ md5sum fwlan094-2201.tgz
9d567f347295cf14fef932340d12ab9f  fwlan094-2201.tgz

● FON本体の /tmp へ scp

$ scp fwlan094-2201.tgz root@169.254.255.1:/tmp
root@169.254.255.1's password:
fwlan094-2201.tgz                                                                                  100% 1039KB 519.4KB/s   00:02   

念のため、md5値を確認
root@OpenWrt:~# md5sum fwlan094-2201.tgz
9d567f347295cf14fef932340d12ab9f  fwlan094-2201.tgz

● インストールに不要なサービスの停止 ( インスト前に、FON本体の空きメモリを増やす )

root@OpenWrt:~# killall fonstate fonsmcd watch_chilli chilli httpd

FreeWLANパッケージのインストール ( パッケージの展開 )

展開例( -v オプションも付けた場合 ):

root@OpenWrt:~# tar -zxvf ./fwlan094-2201.tgz -C /
.
.
jffs/www/cgi-bin/webif/status.sh
jffs/www/cgi-bin/webif/fonfan.sh
jffs/www/cgi-bin/splash.sh
jffs/sbin/
jffs/sbin/ifup
jffs/sbin/hotplug
jffs/sbin/ifdown
jffs/COPYING
root@OpenWrt:~#

● FON本体再起動

root@OpenWrt:~# reboot

● FONアドオンの一つである FreeWLAN の導入 終了.

-----
しかし、、
FreeWLAN 0.9.4 導入後、自分が利用する プライベート側AP(WPA-TKIP) へ繋ぐことが出来なくなった

w-zero3( WS003SH 本体 Ver 1.04a + 無線LAN接続切替ツール Ver 1.8.3.7α ) にて
FreeWLAN 導入前は問題なく繋がっていたのだが、NG
( WS003SHは仕様なのか、PSKを24文字までしか受け付けないので、この切替ツールを使っている。)

暗号化に負荷が掛かっているのかと、PSKを24文字に落としても、NG.  FONデフォルトの S/N である10桁の数字にしても NG.
相性なのかと、空いているノートPCに Planex GW-NS54GMZ を挿してみると、そのPCカードのユーティリティには ステータス" [Link] Unauthenticated key wait " と出ている。最初の認証がうまくいっていない?? ( Planexのマニュアルページには、このステータスの意味は挙がっていない。) とにかく、NG.

FON本体にsshで入り、iwconfig や wlanconfig、uci (Unified Configuration Interface) 等で見てはみたが、問題は解消されない。

導入したパッケージを誤ったかと思ったが、このフォーラム内書き込みや、レスをしてくれている人の他のボードでのやり取りを(全てではないが)見ても、変なものはないので、ガセではないと思う。 ただ、パッケージのMD5値は、他のサイト (FreeWLANの開発に携わるChrisPHL氏のFTPサーバー) のものでも同じだったが、提供元からのMD5、SHA1などのハッシュ値表示は見付からなかった。


一度、Debricking して、やり直すことにする。


※ 今回導入しようとしている FreeWLAN は、現在のところ、唯一存在する FON2201向けパッケージである。位置付けとしては、FreeWLAN正式版ではなく、ベータ版扱いの模様。 擬似リピーターモード(QRM: Quasi-Repeater Mode) はきちんと動作しないことがわかっている。

テーマ:通信・回線・サーバー - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/05/23(土) 03:08:03|
  2. 無線LAN

La Fonera+ (FON2201)へ アドオンFreeWLAN 導入NG.. あなたは? その4

FON2201初期化 ( Debricking - Full Reflashing にて)

この処理を行うと、./2201-unlocking にて導入されたファイルは削除され
初期状態に戻るのだが--今回、自分は 1.1.0r2 の状態で Unlocking(sshアクセス化)した--海外ではこれが初期firmwareなのか、1.1.1r1 になる。www.fon.comにある、FON2201ファームウェア情報には、自分が購入した時の初期ファームであろう 1.1.0r2の記述がない。


FON2201 Debricking 手順:

● 2201-full-restore.zip をダウンロードし、解凍、実行権を与える

$ du -b 2201-full-restore.zip
3484679    2201-full-restore.zip
$ md5sum 2201-full-restore.zip
a0caa08c962d217bd407ba1761a28384  2201-full-restore.zip

FON2201 LAN側とPCを接続
ファイルをscpでFON本体へコピーする必要はない。また、パブリック側SSIDを変更する必要もない。

FON2201 LANポートにPCの eth0 で接続されていることを確認

● ./2201-full-restore eth0 の実行

Power Recycle method  ( 1回 だけで良い )

Debricking 例:

$ sudo ./2201-full-restore eth0
image(size 0x00230004) + loader-image2(0x00150000) + config sums up to 0x003a0000 bytes
Peer MAC: 00:18:84:xx:xx:xx
Peer IP : 192.168.1.1
Your MAC: 00:ba:be:xx:xx:xx
Your IP : 192.168.1.0
Setting IP address...
Loading main 'image' partition...
Sending 'image', 4608 blocks...
Initializing partitions ...
Flashing 'image' partition ...
Loading loader + failsafe partitions...
Sending loader + failsafe, 2688 blocks...
Flashing failsafe 'image2'...
Flashing loader...
Setting boot_script_data...
Done. Restarting device...

※ 処理には15~20分程掛かり、また、PC側のリソースも必要。
Unlocking処理中の約15分間は、あまりCPUリソースを必要としていなかったが、このDebricking中はCPU100%。  Celeron 400MHz-メモリ128Mのマシンだからか?  (ちなみに、この記事もその端末で書いている)

● 再起動後、Debricking 完了.

FON2201の状況確認

sshアクセスは出来なくなっているので、ブラウザで 192.168.10.1 or 169.254.255.1 へアクセスし確認。firmware 1.1.1r1 になっていたが、それ以外は、FON購入時のデフォルト状態。ちなみに、ここで、FON本体裏ボタンによる初期化を行っても、最初の 1.1.0r2 には戻れない。1.1.1r1のままである。


気を取り直して、再度Unlocking (sshアクセス化) し
FreeWLAN 0.9.4 パッケージを導入することにする。

テーマ:通信・回線・サーバー - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/05/26(火) 01:25:25|
  2. 無線LAN

La Fonera+ (FON2201)へ アドオンFreeWLAN 導入NG.. あなたは? その5

FON2201方法2 で再度sshアクセス化後、FreeWLAN 導入 しかし...

前回、FON2201を本体裏リセットボタン長押しにて初期化後
./2201-unlocking にてsshアクセス化し、fwlan094-2201.tgz を展開/導入したが
肝心のプライベート側AP(WPA-TKIP)へ接続不可。
今回、再度、試みることにする。

● Unlocking化後、FON2201へssh ログインし状況確認

ログイン例:

$ ssh -l root 169.254.255.1
root@169.254.255.1's password: admin


BusyBox v1.4.1 (2007-09-03 10:39:50 UTC) Built-in shell (ash)
Enter 'help' for a list of built-in commands.

  ______                                           __     
 /\  ___\                                         /\ \    
 \ \ \__/  __     ___      __   _ __    __        \_\ \___
  \ \  _\/ __`\ /' _ `\  /'__`\/\`'__\/'__`\     /\___  __\
   \ \ \/\ \L\ \/\ \/\ \/\  __/\ \ \//\ \L\.\_   \/__/\ \_/
    \ \_\ \____/\ \_\ \_\ \____\\ \_\\ \__/.\_\      \ \_\
     \/_/\/___/  \/_/\/_/\/____/ \/_/ \/__/\/_/       \/_/

--------------  Fonera 1.5 Firmware (v1.1.1.1) -----------------

             * Based on OpenWrt - http://openwrt.org
             * Powered by FON - http://www.fon.com
      -----------------------------------------------------
root@OpenWrt:~# df
Filesystem           1k-blocks      Used Available Use% Mounted on
tmpfs                      512         4       508   1% /dev
/dev/mtdblock4            4032       388      3644  10% /jffs
/jffs                     1536      1536         0 100% /
root@OpenWrt:~#


※ ssh ログインを試みた際、以下様なのエラーメッセージが出た場合は
該当する key を ~/.ssh/known_hosts から削除すれば良い。(何をやっているか理解した上で、慎重に)

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!


● fwlan094-2201.tgz パッケージをscpし、不要なサービス停止後、tgz展開、FON本体再起動
FON2201FreeWLANアドオン導入 終了.

-----
さて、今度はどうだろうか?

結論から言うと、NG
WPA-TKIP設定している、プライベート側APに接続できない。
( APの秘匿化なしでも同様 )

DHCP絡みかと、FON側を切り、クライアント側IPアドレス固定でやってみたが NG.
チャンネルを固定しても NG.
しかし、暗号なしにすると、繋がる。WEPで5文字とか、とにかく何か暗号化設定すると繋がらなくなる。暗号なしでは、DHCPからもちゃんとIPを割り振って貰えるのだが、これではFreeWLAN導入する意味がない。

全ての項目をチェックしたわけではないが、FreeWLANの機能:
例えば、クライアントのMACに対するIPアドレス固定設定を行うと、何故かMACアドレスを入力するボックスが @ 一文字になり、きちんと設定できない。
この現象は FON2201への最初の WPA Passphrase (PSK)設定時、記号を連続で入力したり、本来受け付けない記号が--これが何なのか未だにわかっていないが..--入力された時と同じである。( 現在のところ記号は _ - # + . / の6つを使用中 )


何故かきちんと動作してくれない、FreeWLAN
FON2201向けベータ版といえども、ここまで不安定なものだろうか。
そもそも、海外の掲示板では 成功者の書き込みもあるのに。

方法1 と 2 では、何かが違う?
そもそも、Unlockingのやり方の1, 2だが

方法1 をやってみることにする。

テーマ:通信・回線・サーバー - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/05/27(水) 01:54:16|
  2. 無線LAN

La Fonera+ (FON2201)へ アドオンFreeWLAN 導入NG.. あなたは? その6

方法1FON2201sshアクセス出来るようにする (Unlocking) が失敗

方法2FON2201にsshアクセス出来るようにした場合は
この方法1によるUnlockingをやる必要はない。

方法1 でのUnlocking処理...例えば、Ubuntuでやる場合
2.1 The server side ~ 2.8 Resetting までの内容を
./2201-unlocking でお手軽にやってくれるのが、方法2だと思われる。

いずれにせよ、FON2201Unlockingできたら
FreeWLAN のパッケージを導入してみる。 うまく動いてくれなかったら、
./2201-full-restoreDebrickingし、firemware 1.1.1r1の状態に戻す。
もう一度、FreeWLAN化試してみたいなら、そこからまた
./2201-unlocking して、パッケージを流し込み、展開してみる。
で、また...っと、このサイクルを3、4回やったが、FON2201が壊れることはなかった。

しかし、何かを誤り
方法1 で、FONを壊してしまった。 以下、その顛末である...


============

HowTo Foneraplus unlockig/en
2 Ubuntu Linux howto

他のLinux distroでも良いとあるので、Debian 5.0.1 で行ったが
arping に -f オプションが無かったので--そもそもUbuntuはDebian系統なのに、こんな事もあるのか--
● Ubuntu 8.10 にて、各ステップを実行


2.3 The Client side

● クライアント側 eth0 を 192.168.1.254 に固定
(Ubuntuが自動でIPを設定しようとするので、直接設定ファイルを編集)

● スクリプト作成後、実行権を付加
( 少々強引なスクリプトだが、他に代替できるやり方を知らないので、そのまま作成)


2.4 Access redboot of the Fonera+

● スクリプト実行

$ ./catch_fonera+
ARPING 192.168.1.1 from 0.0.0.0 eth0
arping: no source address in not-DAD mode
192.168.1.1: inverse host lookup failed: Unknown host
(UNKNOWN) [192.168.1.1] 9000 (?) open
== Executing boot script in 0.890 seconds - enter ^C to abort

RedBoot> ��help
^C sent 6, rcvd 82
Trying 192.168.1.1...
Connected to 192.168.1.1.
Escape character is '^]'.

"?"などの文字化けもそのまま掲載。
"help" は、きちんとRedbootに入れるよう、とっさにタイプしたもの。特に必要はない。


RedBoot> help
Manage aliases kept in FLASH memory
   alias name [value]
Set/Query the system console baud rate
   baudrate [-b <rate>]
Move Atheros Board Data information
   bdmove
Restore Atheros Board Data information
   bdrestore
Manage machine caches
   cache [ON | OFF]
Display/switch console channel
   channel [-1|<channel number>]
Compute a 32bit checksum [POSIX algorithm] for a range of memory
   cksum -b <location> -l <length>
Display (hex dump) a range of memory
   dump -b <location> [-l <length>] [-s] [-1|2|4]
Execute an image
   exec [-b <argv addr>] [-c "kernel command line"] [-w <timeout>]
        [<entry point>]
Manage FLASH images
   fis {cmds}
Manage configuration kept in FLASH memory
   fconfig [-i] [-l] [-n] [-f] [-d] | [-d] nickname [value]
Get Key number
   get_key
Get Mac addresses
   get_mac
Get Serial number
   get_serial
Execute code at a location
   go [-w <timeout>] [-c] [-n] [entry]
Help about help?
   help [<topic>]
Display command history
   history
Set/change IP addresses
   ip_address [-l <local_ip_address>[/<mask_len>]] [-h <server_address>]
Load a file
   load [-r] [-v] [-d] [-h <host>] [-p <TCP port>][-m <varies>] [-c <channel_number>]
        [-b <base_address>] <file_name>
Compare two blocks of memory
   mcmp -s <location> -d <location> -l <length> [-1|-2|-4]
Copy memory from one address to another
   mcopy -s <location> -d <location> -l <length> [-1|-2|-4]
Fill a block of memory with a pattern
   mfill -b <location> -l <length> -p <pattern> [-1|-2|-4]
Network connectivity test
   ping [-v] [-n <count>] [-l <length>] [-t <timeout>] [-r <rate>]
        [-i <IP_addr>] -h <IP_addr>
Reset the system
   reset
Set values
   set
Display RedBoot version information
   version
Display (hex dump) a range of memory
   x -b <location> [-l <length>] [-s] [-1|2|4]
RedBoot>


2.4 Access redboot of the Fonera+
Some checks before flashing では
RedBoot> fis list
Name              FLASH addr  Mem addr    Length      Entry point
RedBoot           0xA8000000  0x80040400  0x00030000  0xA8000000  と出ているが
自分の FON2201 では、以下のように異なる

RedBoot> fis list
Name              FLASH addr  Mem addr    Length      Entry point
RedBoot           0xA8000000  0xA8000000  0x00030000  0x00000000
loader            0xA8030000  0x80100000  0x00010000  0x80100000
image             0xA8040000  0x80040400  0x00230004  0x80040400
image2            0xA8660000  0xA8660000  0x00140000  0x80040400
FIS directory     0xA87E0000  0xA87E0000  0x0000F000  0x00000000
RedBoot config    0xA87EF000  0xA87EF000  0x00001000  0x00000000
RedBoot>

Take a sharp look to the above output, you should get exactly the same values in your screen.
"正確に同じでないといけない" とあるので
But if you notice anything different here please go to THIS page. へ。

Different result for steps 2 and 3
しかし、このページは step1 つまり、fis list はきちんと正確に同じだったが
その後の内容が違った場合の処理である。
* I do the fis list (step 1) .... everything is the same: OK
* But when I do..

他、step1が違った場合の記述は見付けられなかったので
『まぁ、やってみよう』と 2.6 Loading the image to the Fonera+ with tftp を行う前に
ANSWER にある fis write コマンドを実行 してしまった
..FON2201 が機能しなくなった

RedBoot> fis ?
*** invalid 'fis' command: unrecognized command
Usage:
  fis create -b <mem_base> -l <image_length> [-s <data_length>]
      [-f <flash_addr>] [-e <entry_point>] [-r <ram_addr>] [-n] <name>
  fis delete name
  fis erase -f <flash_addr> -l <length>
  fis free
  fis init [-f]
  fis list [-c] [-d]
  fis load [-d] [-l] [-b <memory_load_address>] [-c] name
  fis write -f <flash_addr> -b <mem_base> -l <image_length>
RedBoot> fis write -b 0x80100000 -f 0xa8040000 -l 0x00610000
* CAUTION * about to program FLASH
            at 0xa8040000..0xa864ffff from 0x80100000 - continue (y/n)? y

... Erase from 0xa8040000-0xa8650000: .................................................................................................
... Program from 0x80100000-0x80710000 at 0xa8040000: .................................................................................................
RedBoot> とカーソルが帰ってくるまで 27分

RedBoot> reset
(このコマンドは、今までの設定を "なかったことにする" ものではなく、再起動のコマンドである)


fis write の時、カーソルが帰ってくるまでに30分程掛かったのでそれぐらい掛かるのかと暫く待つ。しかし、40分以上経っても何ら変化なし。
(
reset の後もまたカーソルが戻ってくると思っていた。 この時、初めて "もしや..?" という思いが頭をよぎる)

電源をコンセントから切る。  落ち着いてから、電源を入れる。
LEDの様子が違う。
ルーティングしない。WiFiも機能しない。


次回、ここからの復旧を。


参考:
RedBoot コマンドの説明 RedBoot User's Guide
RedBoot User's Guide (Document Version 1.5m, July 2001 RedHat, Inc.) PDF


テーマ:通信・回線・サーバー - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/06/04(木) 08:55:19|
  2. 無線LAN

La Fonera+ (FON2201)へ アドオンFreeWLAN 導入NG.. あなたは? その7

FON2201復旧

これもまた、International fon wiki からの情報。感謝である。
そして、このページに辿り着く元になった、FreeWLAN解説サイト日本語訳してくれた人
また、FON 復活に関わった全てのソフトウェアに感謝。

How to unbrick - revive your Foneraplus


■ 環境:
PCのOS: Windows 2000 sp4
ターミナル: PuTTYjp  Version 0.60-jp20070603
TFTPサーバー: Poor TFTP Server for WIN32  Ver 1.0  (以前 Cisco IOS のバックアップに用いたサーバー)

FON2201へロードする3つのファイル:

D:\20090509FON2201>dir
2007/10/23  03:24p           6,356,992 image.bin
2007/08/13  09:44p           1,310,720 IMAGE2.BIN
2007/08/13  09:17p                 65,536 LOADER.BIN

D:\20090509FON2201>md5sum *.bin
32699c2781c95b6a463ab99c209c3995  *image.bin
ad6e150c36d2943813edfb1ff397c756     *IMAGE2.BIN
48b471511907e582ecc0a3b40a174f64  *LOADER.BIN



復旧処理:
WindowsからのRedBootアクセス方法は、FON2201のsshアクセス化(Unlocking)--方法1--の
3 Windows howto を参照。


FON2201 電源OFFの確認

● FON2201へロードするファイルをダウンロード

1.2 Pre-requisite にある
# Download loader and image2 (failsafe boot) partitions here  及び
# Download main FON-firmware partition image here  からダウンロード展開し、必要な3つのファイルを抽出。

TFTP サーバーのホームディレクトリへ、3つのファイルをコピー
( e.g. D:\20090509FON2201 )

● PCのIPアドレスを 192.168.1.254固定
また、PC側Firewallは切っておく。FONのLAN側とPC間の閉じたネットワーク内で復旧作業を行うので、特に問題はない。

● ターミナルソフトを起動し、FON2201への接続準備

PuTTY の場合:
接続先の指定 枠内にて
ホスト名 (または IP アドレス): 192.168.1.1
接続タイプ: Telnet
ポート: 9000

※上記設定後、PuTTY画面右下にある [ 開く(O) ] ボタンの位置を確認しておく。

● PCのコマンドプロンプトから 192.168.1.1ping 送信
> ping -t 192.168.1.1

● FON2201の電源ON

PuTTY から FON2201のRedBootへログイン
ping に FON2201 が返事したところで、PuTTY の [ 開く(O) ] をクリックする。
( PuTTY 内にて ^C しなくても、RedBootに入れた )

> ping -t 192.168.1.1
.
.
Destination host unreachable.
Destination host unreachable.
Destination host unreachable.
Reply from 192.168.1.1: bytes=32 time=38ms TTL=64  <= ココで、PuTTYの[ 開く(O) ] をクリック!
Reply from 192.168.1.1: bytes=32 time=1ms TTL=64
Reply from 192.168.1.1: bytes=32 time=2ms TTL=64
^C ( RedBootに入れた事を確認後、Ctrl-C で抜けておく )


RedBoot ログイン 例:

== Executing boot script in 1.960 seconds - enter ^C to abort
^C
RedBoot>


タイミングがうまく合わなかったら:
FONの電源OFF
コマンドプロンプト内のpingを^Cで終了
PuTTY起動し、IPアドレス入力、telnet指定、ポート9000指定
コマンドプロンプト内でpingスタート
PuTTY内 [ 開く(O) ] ボタンの上にマウスカーソルを置く
FON 電源ON
コマンドプロンプト内 ping 画面を注視して...クリック!


● FON2201 パーティションの確認  => OK.
How to unbrick - revive your Foneraplus の 1.3 Check partitions on RedBoot


RedBoot> fis list
Name              FLASH addr  Mem addr    Length      Entry point
RedBoot           0xA8000000  0xA8000000  0x00030000  0x00000000
loader            0xA8030000  0x80100000  0x00010000  0x80100000
image             0xA8040000  0x80040400  0x00230004  0x80040400
image2            0xA8660000  0xA8660000  0x00140000  0x80040400
FIS directory     0xA87E0000  0xA87E0000  0x0000F000  0x00000000
RedBoot config    0xA87EF000  0xA87EF000  0x00001000  0x00000000
RedBoot>


● FON2201 初期設定情報の確認 ( 今回は確認だけで良かった )  => "looks similar" なので OK.
How to unbrick - revive your Foneraplus の 1.4 Check and modify RedBoot init script


RedBoot> fconfig -l -n       (  fc -l -n でも良い )
boot_script: true
boot_script_data:
.. fis load loader
.. go    <------------------------- ココが ".. go 0x80100000" となっていない

boot_script_timeout: 2
bootp: false
bootp_my_gateway_ip: 0.0.0.0
bootp_my_ip: 192.168.1.1
bootp_my_ip_mask: 255.255.255.0
bootp_server_ip: 192.168.1.254
console_baud_rate: 9600
gdb_port: 9000
info_console_force: false
net_debug: false
RedBoot>

異なる部分もあるが、以下のように "似ていたら 直接 step 5 へ" とあるので次に進む。
If partition list in step1 and fconfig result in this step2 looks similar to your, try to jump directly to step 5.


TFTPサーバー起動
これからFON2201にロードする、3つのファイルが置かれているディレクトリが
Poor TFTPサーバーの "Authorized Directory:" に指定されていることも確認しておく。(ここが、TFTPサーバーのホームディレクトリ) 指定されていなかった場合は、[ Select.. ] ボタンをクリックし、指定する。

TFTPサーバーの起動確認 例:
> netstat -an | find ":69"
  UDP    0.0.0.0:69             *:*


● FON2201 へ loader 及び、image2 のロード => OK.
How to unbrick - revive your Foneraplus の 1.6 Flash "loader" and "image2" partitions


RedBoot> load -r -b 0x80100000 loader.bin
Using default protocol (TFTP)
Raw file loaded 0x80100000-0x8010ffff, assumed entry at 0x80100000
RedBoot> fis create loader
An image named 'loader' exists - continue (y/n)? y
... Erase from 0xa8030000-0xa8040000: .
... Program from 0x80100000-0x80110000 at 0xa8030000: .
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot>

RedBoot> load -r -b 0x80100000 image2.bin
Using default protocol (TFTP)
Raw file loaded 0x80100000-0x8023ffff, assumed entry at 0x80100000
RedBoot> fis create image2
An image named 'image2' exists - continue (y/n)? y
... Erase from 0xa8660000-0xa87a0000: ....................
... Program from 0x80100000-0x80240000 at 0xa8660000: ....................
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot>


● FON2201 へ メインパーティション image のロード => OK.
How to unbrick - revive your Foneraplus の 1.7 Flash main partition "image"


RedBoot> load -r -b 0x80100000 image.bin
Using default protocol (TFTP)
Raw file loaded 0x80100000-0x8070ffff, assumed entry at 0x80100000
RedBoot> fis write -b 0x80100000 -f 0xa8040000 -l 0x00610000
* CAUTION * about to program FLASH
            at 0xa8040000..0xa864ffff from 0x80100000 - continue (y/n)? y
... Erase from 0xa8040000-0xa8650000: .................................................................................................
... Program from 0x80100000-0x80710000 at 0xa8040000: .................................................................................................
RedBoot>


● FON2201 再起動 => OK.
How to unbrick - revive your Foneraplus の 1.8 Reboot and customize
RedBoot> reset


● TFTPサーバー 及び、 ターミナル PuTTY 終了

● PCのIPアドレスを元に戻す (FONのDHCPサーバーからIPアドレスを割り当てられるように設定)
PCのFirewall設定も元に戻しておく。

● FON2201 のLED確認 => WiFi LED も OK.

● PC への IPアドレス割り当て確認 OK.
e.g. > ipconfig /renew

● ブラウザから FON へアクセス ( 192.168.10.1 or 169.254.255.1 )  OK.
Firmware は 1.1.1r1  ID及びP/Wは共に admin と 方法2 にて ./2201-full-restore した状態と同じ。
[ で、あったと思う ]

● FON2201 復旧 完了.


-------------
Linux環境からのBreakで、RedBootに入る
そのタイミングが良く掴めなかった為、今回Windows環境から行ったが
拍子抜けするほど、簡単に RedBoot に入れた。
DD-WRT や OpenWRT 化に失敗した時も、この復旧処理が使えそうなので、必要な場合は次回も Win環境から FON2201 の RedBoot に入りたいと思う。



参考:
WindowsコマンドラインでMD5値を出力する etree.org の md5sum
WindowsでMD5やSHA1等を高速に出力する うり氏 の FastHash
Philippe Jounin 氏の TFTP Server  Tftpd32
sourceforge.net の  Open TFTP Server
Cisco パスワード回復中の標準的なブレーク キー シーケンスの組み合わせ


テーマ:通信・回線・サーバー - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/06/08(月) 17:26:14|
  2. 無線LAN

FON の ホワイトリスト

以前から気になっていたのだが
FON_AP, FON_FREE_INTERNET 等の公開AP側に、FONに登録していない所謂 "通りすがりユーザー" であっても
GMail 送受信ができるというのを聞いていたのだが
どうも、FON内にある whitelist というものに、そういったモノが登録されている "らしい".

"らしい" と言うのも 当方 設置している FON2201 を sshアクセス化する為に色々やっていた為か
その、whitelist の中身が空なのである。


root@OpenWrt:~# find / -name "white*" -print
/etc/config/whitelist.dnsmasq
/jffs/etc/config/whitelist.dnsmasq
root@OpenWrt:~# ls -l /etc/config/whitelist.dnsmasq
-rw-rw-rw-    1 root     root            0 May 12 03:23 /etc/config/whitelist.dnsmasq
root@OpenWrt:~# ls -l /jffs/etc/config/whitelist.dnsmasq
-rw-rw-rw-    1 root     root            0 May 12 03:23 /jffs/etc/config/whitelist.dnsmasq
root@OpenWrt:~#


本当に GMail へアクセスできるのか、w-zero3 で確認しようとしたが、FON公開側APへ接続することが出来なかったので、未だ未確認。


無線についても、いつのまにかチャンネルが 1~11ch までしか選択できず
結局、countrycode をJapanに設定することにより 1~14ch 選択できるようになったのだが


root@OpenWrt:~# sysctl -a 2> /dev/null | grep country
dev.wifi0.countrycode = 392
dev.ath.countrycode = 392
root@OpenWrt:~#

※ Windows の codepage番号 "932" と混同せぬよう.
> chcp 437   (英語)
> chcp 932   (日本語)



ちょっと、いろいろ確認のため
"素"のFON2201が欲しくなってきた

テーマ:通信・回線・サーバー - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/08/03(月) 02:57:35|
  2. 無線LAN

最新記事

プロフィール

かば丸

Author:かば丸
機械設計からCAD/CAM/CAEのシステム管理に移り、何故かそっちが本業になり、現在、埃まみれの"スパゲッティ"を横目に、ネットワーク設定するニイチャン。
※本ブログに1~10まで丁寧に説明している記事はありません。 あれば、キーボードの隣にSUNTORYほにゃららがあったか、私の老化現象によるものでしょう。

カテゴリ内記事は昇順

未分類 (0)
Linux (7)
無線LAN (9)
Windows (9)
セキュリティ (3)
ネットワーク (1)
ハードウェア (1)

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。